フィリップス、AI 画像再構成機能とAI カメラを搭載した 最上位クラス「Incisive CT Premium(インサイシブ CT プレミアム)」新発売

2021.04.07

画質と検査ワークフローの大幅改善を実現

株式会社フィリップス・ジャパン(本社:東京都港区、 代表取締役社長:堤 浩幸、 以下 フィリップス)は、 「2030 年までに25 億の人々の生活を向上させる」を達成目標に掲げ、 健康な生活、 予防、 診断、 治療、 ホームケアにいたるヘルスケア・プロセスのすべてにイニシアティブを持ち、 すべての人々のより良い健康と満ち足りた生活の実現を目指している。

このたびフィリップスは、2019 年に日本で発売された128 スライスマルチスライスCT「Incisive CT」に、新たにAI 画像再構成機能とAI カメラを搭載し、画質や検査ワークフローが大きく改善された最上位クラスのX 線撮影装置「Incisive CT Premium(インサイシブ CT プレミアム)」を4 月7 日(水)より販売開始する。

「Incisive CT Premium(インサイシブ CT プレミアム)」は、AI 技術をベースとした4 つの機能をもつソリューション「Precise Suite(プレサイス・スイート)」を搭載することで、オペレーターの経験やスキルに依存せず、検査時間を短縮させ一貫性のある検査結果を提供し、画質向上と被ばく低減の両立を可能にした。

日本国内では医療従事者の長時間労働や人材不足などが大きな課題である。フィリップスの「Incisive CT Premium(インサイシブ CT プレミアム)」が医療従事者をサポートするトータルソリューションとして課題解決に貢献する。

「Incisive CT Premium(インサイシブCT プレミアム)」の製品特長

128スライスマルチスライスCT「Incisive CT」に、新たにAI技術をベースとしたソリューション 「Precise Suite(プレサイス・スイート)」を搭載し、CT検査のワークフローに新たな4つの機能を追 加。また、Incisive CT専用X線管球vMRC を完全保証する「Tube for Life[1]」を付属することで、 ランニングコストに占める割合が大きいX線管球の交換コストを大幅に縮小することが可能である。

「Precise Suite(プレサイス・スイート)」4つの機能

1. 「Precise Image(プレサイス・イメージ)」 AI画像再構成機能である。ディープラーニングによるニューラルネットワークを画像再構成プロセスに 採用することで、最大80% [2]の線量低減、最大85%[2]のノイズ低減、最大60% [2]の低コントラスト検出 能の改善を同時に実現。また、日常検査のワークフローに適応する高速画像再構成を実現 し、リファレンスプロトコルにおいて1分以内の画像再構成を可能にした。

2. 「Precise Cardiac (プレサイス・カーディアック)」 AIを活用した心臓専用のモーションフリー画像再構成機能である。 新たに搭載されたAIベースの高度な補正技術により、心臓の拍動によ るブレを補正、画質を大幅に向上させる。ヘリカル撮影とコンベン ショナル撮影どちらにも対応し、あらゆるシチュエーションにおいて 診断精度の向上に貢献していく。

3. 「Precise Position (プレサイス・ポジション)」 AIカメラを使用した自動ポジショニング機能である。AIカメラで得られた患者の解剖学的情報を基に、 精度を高めた一貫性のあるポジショニングが可能になる。従来のオペレーターによるマニュアル操 作と比較して、ポジショニングに要する時間を23%[2]短縮、オペレーター間の一貫性を70%[2]向上、さ らにポジショニング精度を50%[2]向上させる。オペレーターの経験やスキルに依存せず、検査時間 短縮と一貫性のある精度や正確さを提供していく。

4. 「Precise Intervention (プレサイス・インターベンション)」 自動ニードルガイダンスが搭載された先進インターベンションツールである。ターゲットの深さ、ニー ドルの角度、ニードルの先端からターゲットまでの距離を自動計測、精度の高い手技をサポートする。また、ガントリーに搭載されたOnPlanタッチスクリーン上で直感的な画像操作も可能となり、 迅速かつ安全性の高い検査を可能にした。

 

[1]:フィリップスが定める製品の耐用年数は10年です。Tube for Lifeはフィリップスが規定する保守契約を締結いただく必要があります。 [2]:従来FBP画像との比較となります。

企業に関するお問い合わせ
株式会社フィリップス・ジャパン
ブランド コミュニケーション部
TEL: 03-3740-5896

このページの先頭へ戻る