コニカミノルタ 安⼼して使⽤できるパルスオキシメーターをより多くの⽅々に提供するため新たに 20倍の⽣産能⼒を確保 〜セキアオイテクノ株式会社との協業で〜

2021.03.31

コニカミノルタ株式会社(本社︓東京都千代⽥区、社⻑︓⼭名 昌衛、以下 コニカミノルタ)は、新型コロナウイルス感染症の重症化判定にも活⽤されているパルスオキシメーターの供給において、セキアオイテクノ株式会社(東京都⼋王⼦市、社⻑︓⾚ 哲男、以下 セキアオイ)と協業することで合意に⾄り、従来の約20倍の⽣産能⼒を新たに確保した。

<本件のポイント>

  • 新型コロナウイルス発⽣前の約 20 倍の⽣産能⼒を新たに確保
  • かつての⽣産委託先であるセキアオイで⽣産ラインを復活
  • ⼀般の⽅に安⼼してパルスオキシメーターを購⼊頂くことが⽬的

パルスオキシメーターは、⾃治体が新型コロナウイルス感染症の⾃宅療養者へ貸し出すことが話題になり、多くの⼈々がその有⽤性を認識するところとなった。コニカミノルタは、世界初の指先測定型パルスオキシメーターを発売以来、⽇本製の⾼精度なパルスオキシメーターを供給した。現在は、主に医療機関向けに「PULSOX-Neo (パルソックスネオ)」を販売している。

パルスオキシメーターは、新型コロナ禍前にも、基礎疾患を持っている⽅や⾼齢者の⽇常的なバイタルチェックのため、医療従事者の指導の下に家庭などで使⽤されていた。コニカミノルタは、ウィズコロナ、アフターコロナの時代においては、今後こうした使⽤が加速するものと考えており、新たにパルスオキシメーターを必要とする⽅々にも安⼼して使⽤できる製品を供給するための⽅策について検討を重ねてきた。

この度、以前にパルスオキシメーターの⽣産を委託したことのあるセキアオイへ、パルスオキシメーターの⽣産ラインの復活を依頼したところ合意に⾄った。セキアオイでは、かつて同社で⽣産していた機種「PULSOX-Lite(パルソックス ライト)」を、5⽉より再び⽴上げ、段階的に⽣産量を引き上げていく予定。
今後は、基礎疾患を持っている⽅や⾼齢者がいる⼀般家庭においても、医療従事者の指導の下でパルスオキシメーターによる⽇常的なバイタルチェックがさらに広まることを⽬指し、今よりもパルスオキシメーターを安⼼して購⼊できる⼊⼿しやすい流通経路の確保・拡⼤と、そのためのガイドライン作りに協⼒してまいる。

コニカミノルタが⽬指すこと
新型コロナウイルスの感染拡⼤で、パルスオキシメーターは⾎中酸素飽和度を測定し、呼吸がうまくできている状態かどうかを確認するための医療機器として認知度を⾼めた。それとともに、従来からの⽤途である肺炎やCOPDの患者の⽇常的なバイタルチェックにも有⽤であることも広まった。その⼀⽅で、医療機器として認可を受けておらず適正な性能も確保できていない製品も出回っており、それらを使うことで健康上のリスクが⾼まるというケースも報道されている。

コニカミノルタは、1977年に世界初の指先測定型パルスオキシメーターを世に送り出したメーカーとして、⼀般の⽅に安⼼してパルスオキシメーターを購⼊頂くことも社会的責任であり、社会的使命でもあると考えている。そのために、セキアオイをはじめとするパートナー企業の協⼒とコニカミノルタの「ものづくり⼒」を結集させ、パルスオキシメーターの増産に取り組む。さらに、⻑年の信頼に基づく医療関係者との連携やヘルスケア事業でのビジネス⼒により、医療機器であるパルスオキシメーターを安⼼して購⼊できる流通ルートや仕組みを共創する。

そして、このような情報を広く発信することで、世の中に安⼼も届けたいと想っている。

コニカミノルタグループでは、このような状況下で私たちに何ができるのかを考え、多岐にわたる事業それぞれの分野で⽀援・ソリューションの提供を開始。これらの⽀援・ソリューションがこの困難な状況に少しでも⼒になればと願っている。

※Chronic Obstructive Pulmonary Disease(慢性閉塞性肺疾患)︓慢性気管⽀炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称。タバコ煙を主とする有害物質を⻑期に吸⼊曝露することで⽣じた肺の炎症性疾患。喫煙習慣を背景に中⾼年に発症する⽣活習慣病といわれている。40歳以上の⼈⼝の8.6%、約530万⼈の患者が存在すると推定されており(NICE study)、国内では死亡原因の9位を占めている。

PULSOX-Neo 認証番号︓230AGBZX00112000 PULSOX-Lite 認証番号︓225AABZX00061000

 

このページの先頭へ戻る