日立とOPExPARKが協業し、SCOTをコンセプトとした情報統合手術室METISを販売開始

2021.02.26

 ㈱日立製作所ヘルスケアビジネスユニット(以下、日立)と㈱OPExPARKオペパーク(以下、 OPExPARK)は、次世代情報融合プラットフォーム「OPeLiNK®オペリンク」の販売に関して合意した。本合意に基づき、日立は2021年2月26日から情報統合手術室「METISメーティス」の販売を開始しする。「METIS」は、これまでAMEDプロジェクトにて取り組んできたSmart Cyber Operating Theater SCOT®)の概念の下実現した、「OPeLiNK®」を中核とする情報統合手術室だ。

 今回、日立がもつ手術室インテグレーションノウハウとOPExPARKの情報融合プラットフォーム「OPeLiNK®」を組み合わせることで、MRI画像などの映像系に限らず、生体情報などさまざまな手術時の情報を一元管理できる 情報統合手術室を実現した。日立は、「OPeLiNK®」を軸に、医療機器を含む手術室のエンジニアリング、手術室運用効率化支援、メンテナンスを各科・各症例向けに SCOT®のコンセプトの下 パッケージ化し、「METIS」として販売を開始する。

お問い合わせ
㈱日立製作所
ヘルスケアビジネスユニット 放射線診断事業部ソリューションビジネス本部
外科治療ソリューション部
Email fumitaka.sekikawa.mx@hitachi.com

㈱OPExPARK経営管理部
Email motozono@opexpark.co.jp

このページの先頭へ戻る