NTTデータ、医療機関向けレセプト院内審査支援システムを「レセプト博士Neo」として一新 ~レセプトのコンピュータチェックのニーズ拡大をふまえ、シェア拡大に向けた販売戦略を加速~

2011.03.10

(株)NTTデータは、レセプト院内審査支援システム「レセプト博士」の商品体系を一新し、診療所から大学病院まで幅広い医療機関のニーズに対応した新バージョン「レセプト博士Neo」を2011年4月1日より提供開始する。
「レセプト博士」は、NTTデータが2002年より提供している医療機関におけるレセプトの院内審査を自動化するパッケージソフトウエアで、主として大規模~中規模の病院を中心に多くの販売実績を持っている。

現在、レセプト院内審査に関わる市場環境としては、社会保険診療報酬支払基金の『支払基金サービス向上計画』で「コンピュータチェックの充実」が掲げられるなど、レセプト院内審査のコンピュータチェックのニーズが大規模病院から診療所まで幅広い医療機関に広がっているという。こうした動向をふまえ、NTTデータではこのたび「レセプト博士」のさらなる利用拡大を目指して従来の商品体系を「レセプト博士Neo」として一新し、医療機関の規模・特性に応じた最適な機能を提供するための商品ラインアップを用意する。

また、「レセプト博士Neo」では、チェック速度の向上などの機能強化が図られているほか、4月1日の提供開始後も順次歯科レセプトへの対応や統計機能の搭載などの新機能追加を予定している。
NTTデータでは、「レセプト博士Neo」で幅広い医療機関のニーズに対応することで、現在の約2,000ユーザーを2013年度までに10,000ユーザーへシェアを拡大することを目指している。

 

●お問い合わせ
(株)NTTデータ
広報部 岩内
TEL:03-5546-8051
URL:http://www.nttdata.co.jp/index.html

 

このページの先頭へ戻る