オリンパスと日立、超音波内視鏡システムの長期協業契約に合意

2021.01.07

オリンパス株式会社(以下、オリンパス)と株式会社日立製作所(以下、日立)は、超音波内視鏡システム(Endoscopic Ultrasound :EUS) の共同開発および EUS で使用する超音波診断装置と関連製品を日立が今後も継続して供給する 5 か年契約に合意した。
EUS は超音波内視鏡と超音波診断装置を組み合わせたシステムで、がんをはじめとする肝臓、すい臓、気管支の疾患の進行度合いの評価や低侵襲治療などに幅広く使用され、医療に貢献している。

日立の画像診断関連事業は、国内外の競争法その他の法令等に基づき必要なクリアランス・許認可等の取得が完了することを条件として、富士フイルム株式会社(以下、富士フイルム)へ譲渡される予定であり、本合意は富士フイルムへ譲渡された後も継続される。

河野裕宣氏(オリンパス株式会社 エンドスコピックソリューションズ・ディビジョンヘッド)は「当社は、超音波内視鏡システムによる早期診断の価値提供を通じて、患者さんの QOL 向上に貢献す ることを目指してきた。超音波内視鏡診断のための技術・製品開発においては、日立製作所との長きにわたる協業関係が非常に重要な基盤であり、今後もこの協業関係を継続し、引き続き患者さんの QOL 向上に貢献できることを嬉しく思っている。引き続き、両社で協力し、医療現場のニーズに応えることのできる製品・技術の提供を行っていく。」

河野敏彦氏(株式会社日立製作所ヘルスケアビジネスユニットCTO) は、「オリンパ スとの超音波内視鏡に関する協業を今後も継続することができて非常に喜ばしく思う。日立とオリンパスは 1980年代に初代製品を導入後、常に本市場のトップランナーとして世界の消化器系および呼吸器系疾患の医療の進歩に大きく貢献してきた。我々はこれからもこの協業を継続していくことで、超音波内視 鏡検査において、より優れた診断と治療につながる新しい臨床価値を提供し、医療の進化に貢献していく。」

お問い合わせ先
オリンパス株式会社 コーポレートコミュニケーション
担当:村上
〒163-0914 東京都新宿区西新宿 2-3-1 新宿モノリス
E-mail: shinichiro.murakami@olympus.com

このページの先頭へ戻る