島津、コロナ禍でもラボ業務の継続に貢献 ラボ装置リモート管理システムなどの製品群を発売

2020.12.29

島津製作所は、12月28日、ラボ内の液体クロマトグラフ(LC)の稼働状況をスマホやPCで確認できる遠隔管理用ソフトウェア「LabTotal Smart Service Net」および液体クロマトグラフ質量分析計(LCMS)の解析ソフトウェア「LabSolutions LCMS/Insight」を同時発売した。
「LabSolutions LCMS/Insight」はラボ外からでもラボと同様の解析作業を可能にするという。

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、世界各地でロックダウン(都市封鎖)や厳重な外出制限が行われてきた。医薬・食品・化学分野などの企業・研究機関では、研究者・技術者がラボに立ち入ることができず分析計測機器に触れられないため、研究開発や品質管理といった業務に支障が出ている。装置の保守点検に従事するサービスエンジニアも顧客のラボを訪問しにくくなった。しかし、こうしたラボは、感染症対策で重要な役割を果たす治療薬やワクチン、消毒液、機能性食品などの開発拠点でもある。

様々な業種・業界と同様に、研究開発の現場でも「ニューノーマル(新常態)」が求められている。しかし、「研究者の在宅勤務を実現するには通信設備への投資が必要」「ラボで装置のそばにいなければ業務が滞る」「装置の操作やデータの解析作業が習熟したメンバーに依存しがち」といった課題がある。
今回発売したソフトウェア2製品を通じて、「スマホでラボの装置状況をリアルタイムに把握」「出社せずに計測データを解析」という研究者の働き方改革を支援するという。また、11月発売の液体クロマトグラフ「Advanced i-Series」は、各種機能によって使用者の習熟度に関わらず安定したデータ採取を可能にし、島津製作所は、「コロナ禍での企業の研究開発の継続」および「研究者の在宅勤務・リモートワークなど柔軟な働き方」を実現していく。

<お問い合わせ>
株式会社島津製作所
コーポレート・コミュニケーション部広報グループ
TEL:075-823-1110

このページの先頭へ戻る