ホロジックジャパン、増加する新型コロナウイルス検査ニーズ に 対応 し医療スタッフの負担軽減を実現する全自動遺伝子検査装置「パンサーシステム」をIMS(イムス)グループに納入

2020.12.24

 ウーマンズヘルス分野のリーディングカンパニーであるホロジック社の日本法人であるホロジックジャパン株式会社は、総合医療・福祉グループIMS(イムス)グループの臨床検査を担う機関である株式会社アイルに、全自動遺伝子検査装置「パンサーシステム」を納入する。株式会社アイルでは12月28日より「パンサーシステム」を稼働し、これまで手作業で行っていた新型コロナウイルス感染症検査の自動化をスタート、第3波を受けた多数の検査依頼に対する年末年始の検査体制を整える。

 今回導入するホロジックの「パンサーシステム」は、複数項目の検査を可能にするランダムアクセス機能と、最大で1000検体/1日の測定を実現する高い作業生産性、TMA法(PCR検査としてPCR法と同じ核酸増幅検査の一つ)の専用体外診断用医薬品による診断結果の精度の高さを特徴とする全自動の遺伝子検査システムである。「パンサーシステム」導入により株式会社アイルでの新型コロナウイルス感染症の検査は、従来の手作業から自動化されることでスタッフの作業負担と感染リスクが軽減されるとともに、意図せぬ人為的ミスを削減することで結果の信頼性を高める。さらに検査数も1日あたり平均250件から最大1000件まで強化されることで、患者だけではなくIMSグループの介護施設入所者やスタッフへの予防的検査など医療従事者の安心安全の確保も含めて、増加が見込まれる検査ニーズに対応する体制構築に貢献する。

【お問い合わせ】
<報道関係者>
ホロジックジャパン株式会社コーポレートコミュニケーションズ多田
〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-25日教販ビル
TEL: 080-4727-0365
email:japandx@hologic.com
※株式会社アイル様へのご取材リクエストがありましたらお問い合わせください。

このページの先頭へ戻る