シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス、検査室向けITソリューション「Atellica Process Manager」の販売を開始

2020.10.01

・搬送ライン全体を一元管理し、分析機(注1)・搬送システム(注2)のリモートコントロールでオペレーターを最小限に
・コンスタントなTAT(注3)を提供し、診療前検査をサポート
・オンボード試薬・消耗品の在庫マネジメントによりダウンタイムを最小限に
・膨大な検体検査室のデータをデジタル化し、検査室の運営改善に貢献

 シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス㈱(東京都品川区、代表取締役社長:森 秀顕)は、検査室向けITソリューション「Atellica Process Manager(アテリカ プロセス マネージャ)」の販売を本日より開始される。

 さまざまな分野で効率を高めることに貢献しているITソリューションは、医療においても読影支援をはじめその活用は進みつつある。一方で、医療の一部の領域ではITの活用が思うように進まず、作業効率がなかなか改善しない、スタッフの残業が減らないといった課題があることも事実だ。Atellica Process Managerは検体検査室の複数の分析機および搬送システム「Aptio Automation(アプティオ オートメーション)(注4)」を一元管理するITソリューションで、これらの課題の解決に貢献する。

■Atellica Process Managerの特長

搬送ライン全体を一元管理し、分析機・搬送システムのリモートコントロールでオペレーターを最小限に
 検体検査室に複数存在する分析機および搬送システムと連携し、検体の投入から前処理、測定、結果の報告までの検査工程をモニタリングし、一元管理する。検査工程に遅れやトラブルが発生した場合、どの検査で停滞しているのか、どこで、どのようなトラブルが発生しているのかを即座に把握することができる。また分析機および搬送システムをリモートコントロールすることができ、オペレーターの移動を最小限に抑え生産性の向上に貢献する。

コンスタントなTATを提供し、診療前検査をサポート
 一元管理された検査工程に対し、検体投入からレポート入手までの目標時間を設定することができる。目標値を超えそうな場合は事前にアラートを表示し、さらにその検体の処理がどこまで進んでいるのか、履歴をすぐに把握することができる。コンスタントなTATを提供し、検査後に実施される診療も予定通り進められるようサポートする。

オンボード試薬・消耗品の在庫マネジメントでダウンタイムを最小限に
 当社製分析機に装填された試薬・消耗品の在庫状況をモニタリングし、補充や交換のタイミングが近づくと段階的にアラートを表示する。従来は試薬や消耗品が完全になくなると補充するために測定を中断する必要があったが、補充のタイミングを予測できるため、測定に影響の少ない時間を選んで、試薬・消耗品を補充・交換することができる。

膨大な検体検査室のデータをデジタル化し、検査室の運営改善に貢献
 単位時間の検査件数や分析機の稼働状況など、これまで分析機ごとに時間をかけて集計していたさまざまなデータを、簡単にリアルタイムに集約し表示する。分析機の更新、統合、増設などの設備管理やスタッフの配置を検討する際のエビデンスとして活用できる。

(注1) 当社製以外の分析機は、分析機の機能に依存する。
(注2) 当社検体搬送システム Aptio Automationを指す。
(注3) 検体投入から診療科へのレポート提出までの時間(TAT= Turn Around Time)。
(注4) Aptio 遠心分離モジュール(届出番号:13B1X10041000034)を含む。

お問い合わせ
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス㈱
URL https://www.siemens-healthineers.com/jp/

このページの先頭へ戻る