キヤノンメディカルシステムズ、NVIDIAと業務提携

2018.04.11

 キヤノンメディカルシステムズ(株)(以下、キヤノン)は、米国NVIDIA Corporation(以下、 NVIDIA)の日本法人との間で、日本における大学病院などの医療研究機関向けディープラーニング研究インフラの開発・販売に関する業務提携を行うことについて合意した。

 NVIDIAは、デスクトップPC、ワークステーション、ゲームコンソール等において高性能画像処理や高速演算を可能にし、インタラクティブなグラフィックスを作り出すGPUを開発した、ビジュアル・コンピューティングテクノロジの世界的リーダー企業だ。最近では、GPUディープラーニングがAIの新時代の火付け役となり、「AIコンピューティングカンパニー」として知名度を上げている。
 キヤノンは、医療用画像診断システムを幅広く提供しながら、画像情報だけでなく、あらゆる医療情報を活用し、IT技術に基づくイノベーションで医療に貢献する「Medical Informatics」の取り組みを行なっている、国内シェアNO.1の医療システムメーカーである。

 昨今の医療の現場では、世界中から報告される膨大な科学的知見を評価・分析するとともに、患者等に係る大量の生体情報を把握し、最適で安全な医療を提供することが求められている。一方で、医療情報の増大による医療従事者の負担は増加している。将来にわたって質の高い医療サービスの提供を実現するためには、科学技術の進歩を適切に活用し、医療従事者を支援していくことが求められている。
 早期発見および診療を支援するシステムの構築にはディープラーニングによるビッグデータ解析に期待がよせられている。しかしながら、医療機関が独自にディープラーニングを活用した研究に取り組むためには、院内に存在する様々なデータを収集・統合し、解析に必要なハードウェアを用意し、その上でディープラーニング技術の習得を行う必要がある。
 キヤノンが1月よりサービスの提供を開始したAbierto VNAを利用することで、医療機関に存在する膨大なデータを容易に収集・統合、共有することが可能となる。また、この膨大なデータをNVIDIAが提供する最新のGPUアーキテクチャ搭載のAIコンピューティングプラットフォーム、NVIDIA DGX Stationおよびソフトウェアによって高速に処理し、高度なディープラーニングアルゴリズムの設計、展開、利用を実現する。さらにGUI(Graphical User Interface)を採用することにより専門知識がなくともディープラーニングを使った研究を容易に始めることが可能となる。
 このような両社のソリューションを組み合わせることにより、膨大な情報解析を必要とする医療・研究機関でディープラーニングを活用した研究への取り組みを加速させ、医療現場におけるAIの普及に貢献しする。
 キヤノンメディカルシステムズは尊い命を守る医療に貢献していくという思いが込められた「Made for Life」の理念のもと、キヤノングループカンパニーの一員として、これからも変わらず医療に貢献していく。

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ(株)
広報室 江野
TEL:0287-26-5100
URL:https://jp.medical.canon/

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る