キヤノンメディカルシステムズ、医療情報ソリューション 「Abiertoシリーズ」の販売開始

2018.01.16

 キヤノンメディカルシステムズ(株)は、医療情報ソリューション「Abierto(アビエルト)シリーズ」を、国内の大規模・中規模病院やグループ病院向けに本日より販売を開始する。
 Abiertoシリーズは最新テクノロジーにより、オープンな環境のもと標準のプラットフォーム上でマルチベンダによる医療情報の収集・統合・解析・可視化することで、医療業務の効率化を実現する。将来的には、院内情報の共有にとどまらず、地域包括ケアシステムまでを視野にいれた患者中心の医療の実現を目指す。
 米国においては前政権が推進した医療保険制度改革(通称:オバマケア)により医療の効率化・治療の質の向上・退院後の患者ケアが強く求められたことを背景に、医療・健康データの統合基盤(VNA:Vendor Neutral Archive)と医療連携技術(Telehealth,Population Health)が急速に拡大している。日本においても、医療情報の統合の意識は高まりつつあり、医療情報の利活用による新たな診療方法の創出や医療の効率化が活発化すると考えられている。
 同社ではモダリティベンダとしての強みを活かしながら、画像情報だけでなく、あらゆる医療情報を活用し、IT技術に基づくイノベーションで医療に貢献する「Medical Informatics」の取組みを行なっている。
 その構想を実現するための新たなソリューションとして、医療データを共有・統合する医療情報統合管理システム「Abierto VNA」、および、その蓄積した価値あるデータを表示・利活用する医療情報統合ビューア「Abierto Cockpit」の提供を開始する。

(1)Abierto VNAの特徴
 Abierto VNAは、オープンな環境で柔軟なシステム化ができる新たなプラットフォームである。高度なデータフロー自動制御により既存PACSビューアで画像参照が行え、既設システムのさらなる有効活用が可能となる。
 また、完全なオープン・アーキテクチャにより、ユーザーの都合に合わせ柔軟なデータ統合プラットフォーム導入計画が立てられる。

(2)Abierto Cockpitの特徴
 Abierto Cockpitは、専用のビューアで、今まで一覧できなかった、画像や検査結果などの部門情報、カルテ記載などの電子カルテ情報などあらゆる情報を融合させ、モバイル端末により院内のどこからでも、素早く情報にアクセスが可能だ。

●お問い合わせ
キヤノンメディカルシステムズ(株)広報室 江野
TEL:0287‐26‐5100
URL:https://jp.medical.canon/

このページの先頭へ戻る