キヤノンライフケアソリューションズ、ベルギーMaterialise社製医療用3Dソフトウエアの国内販売契約を締結

2016.04.15

 キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンライフケアソリューションズ(株)(以下、キヤノンLCS)は、ベルギーMaterialise(マテリアライズ)社との間で、このほど同社製医療用3Dソフトウエアの国内販売契約を締結し、2016年4月18日より発売する。
 3Dプリンターで造形した実物大の臓器モデルは視覚・触覚による確認ができ、モニター上の3D画像よりも立体的な位置関係を把握することができる。そのため、術前計画や手術シミュレーションの支援、若手医師の教育、患者への説明などで幅広く利用されている。
 キヤノンLCSは医療機関のこうしたニーズに対応するため、このたびMaterialise社と同社製医療用3Dソフトウエアに関する国内販売契約を締結し、医療分野における3D関連ビジネスを強化する。

■Materialise社製3D医療ソフトウエアの特長
 Materialise社はベルギーのソフトウエア企業で、3Dプリント用のソフトウエアや生体工学用のソフトウエアを開発、販売している。同社の医療用3Dソフトウエアは、3Dプリント用にSTL等の3Dデータを修正し最適化する技術により、高い品質とグローバルな導入実績を有している。

■発売の背景と目的
 グループ企業の(株)AZEのワークステーションは、高度な3D医用画像解析技術により、CT(コンピュータ断層撮影装置)の断面画像群から臓器の3D画像を抽出し、STLフォーマットに変換する機能を有している。これとMaterialise社の医療用3Dソフトウエアを組み合わせて利用することで、病院内で高度なデータ処理を正確かつ簡便に行うことができる。これにより3Dプリンターに合わせた変換や修正が可能となり、高精度な実物大の臓器モデルデータを作成することができる。

 なお、2016年4月15日(金)から17日(日)までパシフィコ横浜展示ホールにて開催される「2016国際医用画像総合展(ITEM2016)」のキヤノンブースで本製品を展示する。

製品名:Materialise社製医療用3Dソフトウエア
価格(税別):300万円~※
発売日:2016年4月18日
※ソフトウエアの機種や顧客のシステム構成により価格は変動。
※ライセンス期間は5年間。

●お問い合わせ
キヤノンライフケアソリューションズ(株)マーケティング部
TEL:03-3814-4956(直通)
URL:http://www.canon-lcs.co.jp/
Materialise社医療用3Dソフトウエアサイト
URL:http://hospital.materialise.com/

このページの先頭へ戻る