世界の代表的なSRI評価会社RobecoSAM社CSR格付で「シルバークラス」に選定
~経済側面と環境側面の取り組みがセクター内で最高の評価~

2016.01.25

 コニカミノルタ株式会社は、この度、スイスに拠点を置く世界の代表的な社会的責任投資(SRI)分野の調査・格付会社である RobecoSAM社によって、「シルバークラス」に選定された。

コニカ_シルバークラスロゴ

 今回の評価で、コニカミノルタは、イノベーションマネジメントやコンプライアンスなどの経済側面、および気候変動に関する戦略や環境方針・マネジメント、情報公開などの環境側面の取り組みが「コンピューター・周辺・オフィス機器セクター」の中で最も高い評価を得た。

RobecoSAMについて
 RobecoSAM社は、世界の大企業3,000社以上を対象に、経済・環境・社会の3つの側面から、長期的価値創造に重点をおいて、企業の持続可能性についての評価を行い、特に優秀な企業を「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」の3クラスに分類している。この度、RobecoSAM社が発表した2016年の格付「Sustainability Yearbook 2016」では、77社(うち日本企業 7社)がゴールドクラス、74社(うち日本企業はコニカミノルタを含む9社)がシルバークラス、97社(うち日本企業 7社)がブロンズクラスに選定された。
 グローバルな機関投資家やSRIファンドは、長期的かつ持続的な価値を提供できる企業の評価基準として、財務指標だけでなく、環境・社会・ガバナンス(ESG)に対する企業姿勢や取り組みも重視している。日本でも公的年金がESGを重視するなどの動きが広がりつつある。このような機関投資家に向けて、SRI評価会社は、ESGの側面から世界の企業を調査した格付や株式指標(インデックス)を提供している。

●お問い合わせ
コニカミノルタ株式会社
広報グループ
TEL:03-6250-2100
http://www.konicaminolta.jp/

このページの先頭へ戻る