メディコン、「パワーポート(R) スリム」を1月18日に発売
~ CT造影時の造影剤高圧注入に対応した小型サイズの「CVポート」 ~

2016.01.20

 (株)メディコンは、上腕留置に適した小型サイズの長期的使用注入用植込みポート「パワーポート(R) スリム (クロノフレックスカテーテルタイプ)」を2016年1月18日(月) に販売開始する。C.R.BARD社製の高圧注入対応ノンコアリングニードルである「パワーロック」(*1)を併用することで、中心静脈に留置したカテーテルを介して、高圧注入による造影CTスキャンが可能となる。
(*1) 販売名:パワーポートMRI isp(パワーロック)

power_port_slim1
パワーポート(R) スリム (クロノフレックスカテーテルタイプ)

■製品概要
 同製品は、血管系への頻回なアクセスを要する治療のため、体内に留置する皮下用ポート及びカテーテル。医薬品又は他の液体の血管への送達、及び血液標本の採取に使用する。C.R.BARD社製の高圧注入対応ノンコアリングニードル(ポート専用の針)である「パワーロック」を併用した場合は、造影剤の高圧注入も可能となる。

powerPortSlim_image
薬剤の注入イメージ図とポートの構造

■製品の特長と利点
1.造影剤の高圧注入が可能
 同製品と「パワーロック」を併用した場合、造影剤自動注入器の注入圧設定2,068kPa(300psi)以下で、最大流速5mL/秒まで設定することができ、造影剤の高圧注入が可能。
2.触知及びポートの識別が容易
 セプタム(シリコーンゴム)上のパルペーションポイントと呼ばれる突起を体外から触知することで、体内に埋め込まれたポートが同社高圧注入対応ポートであるかを識別し、「パワーロック」を穿刺する場所が判りやすくなっている。(「薬剤の注入イメージ図とポートの構造」参照)
3.耐薬品性などに優れたポリウレタンカテーテル
 カテーテルには、ポリウレタンの中でも耐薬品性に優れたポリカーボネート系ポリウレタンを使用している。先端を滑らかで丸みを帯びた形状にすることで、血管への挿入を容易にしている。
4.上腕留置も可能な小型サイズ
 小型サイズのため、小柄で皮下脂肪の薄い患者への留置にも適しており、前胸部だけでなく上腕への留置も可能にしている。
■製品情報
1.販売名  :パワーポート スリム (クロノフレックスカテーテルタイプ)
2.発売日  :2016年1月18日(月)
3.承認番号 :22700BZX00361000
4.クラス分類:高度管理医療機器(クラス4)
5.一般的名称:長期的使用注入用植込みポート(JMDN:35911104)
同製品は、施設限定にて販売を行っている。

製品に関する詳細は、以下のURLを参照
同社公式サイト : http://www.medicon.co.jp
メディ助    : http://medisuke.jp/bas/productinfo/cat/
※パワーポート、POWERPORTはC.R.BARD社の登録商標。
※メディ助 ロゴは(株)メディコンの登録商標。

●お問い合わせ
株式会社メディコン
http://www.medicon.co.jp/top/

このページの先頭へ戻る