日立と日本アキュレイが「日立高精度放射線治療研修センター」を開設 高精度放射線治療のサポート体制のさらなる拡充と、放射線治療システム事業の強化・拡大をめざす

2015.09.02

 (株)日立製作所(以下、日立)と日本アキュレイ(株)(以下、日本アキュレイ)は、放射線治療システム「トモセラピーシステム(以下、本システム)」のサポート体制のさらなる拡充と、放射線治療システム事業の強化・拡大を目的に、(株)日立メディコ(以下、日立メディコ)の柏事業場内に「日立高精度放射線治療研修センター(以下、本研修センター)」を2015年9月2日開設した。
 本研修センターには、日本アキュレイの米国本社Accuray Incorporated(アキュレイ社)が供給するトモセラピーシステムを設置し、放射線腫瘍医や診療放射線技師、医学物理士が実機に触れながら、操作や管理方法など一連の研修プログラムを学ぶ施設としての活用を想定しているという。なお、本研修センターは日立メディコが運営し、2016年4月1日以降、日立が承継する予定とのこと。

「日立高精度放射線治療研修センター」外観
内観

■「日立高精度放射線治療研修センター」開設の背景
 近年、副作用の少ないがん治療法のひとつとして、放射線治療が注目されており、特にがん周辺の正常部位への影響を低減しながら、腫瘍の形状に合わせて高い精度で放射線照射を行う高精度放射線治療へのニーズが高まっている。日立は、放射線治療システムのリーディングカンパニーとして粒子線治療システムを製造・販売し、日立メディコは、高精度放射線治療の分野で世界トップクラスのブランドのアキュレイ社と提携して、2012年7月からトモセラピーシステムを国内で独占販売するなど、日立グループ全体で幅広い放射線治療ソリューションを提供している。
 これまで本システムの使用開始時に、放射線腫瘍医や診療放射線技師、医学物理士に対する治療技術や品質管理の研修を、導入施設にて行ってきたが、このたび研修環境の充実と学習効率の向上のため、本システムの実機を設置した本研修センターを2015年9月2日に開設した。

■「日立高精度放射線治療研修センター」の概要
 本研修センターでは、治療室を模した設備環境において、本システムの実機を用いて実際の治療ビームを出力しながら、操作方法や装置の管理など一連の研修プログラムを学ぶことができる。また、本研修センターに隣接する「日立メディカルフォーラム柏」内に、本システム専用の放射線治療計画システム(*1)を複数台設置したトレーニングルームを設け、あわせて治療計画、品質管理のプロセスを学ぶことができる。新規ユーザーを対象とした基本的なコースのほかに、既存ユーザーを対象としたフォローアップコースや各種講習会などの開催も予定しており、本システムに関するさらなるサポート体制の充実を図ることで、お客さまのニーズに応えていくという。
 また、社内研修にも本研修センターを活用することで、本システムの操作説明や測定作業支援などを行うサポートの質向上にも役立てていくという。

■「日立高精度放射線治療研修センター」施設概要
名  称   日立高精度放射線治療研修センター
       (Hitachi High Precision Radiation Therapy Training Center)
所 在 地    千葉県柏市新十余二 2-1
建築面積    618.8 平方メートル
構  造   鉄骨造(地上 3 階建て)
主な施設   遮蔽室、操作室、研修ルーム

■トモセラピーシステムについて
 X線を用いた放射線治療システムは、現在世界中でがん治療に使用されている。アキュレイ社のトモセラピーシステムは、ヘリカルCT技術(*2)を応用し、強度変調放射線治療(IMRT)(*3)と、画像誘導放射線治療(IGRT)(*4)を実現した高精度放射線治療システムで、くの医療機関に選ばれている世界トップクラスのブランドの1つである。2011年にアキュレイ社が米国TomoTherapy社を買収後、2012年7月より、日本アキュレイはトモセラピーシステムの輸入および据付・保守サービスを、日立メディコはアプリケーションサポート業務を含めた日本国内でのシステムの販売業務を開始した。2015年8月末現在、日本では42施設で46台が稼働している。

*1 放射線治療計画システム:がんや正常組織にあたる放射線量を確認するために体内の放射線量分布を計算するシステム。
*2 ヘリカルCT技術: 患者を載せた寝台が一定速度で動いている間に、周りをX線管球が連続回転することで、患者の体をらせん状に撮影する CT 技術、またはその技術を持つ CT 装置。
*3 強度変調放射線治療(IMRT):放射線の強度を変化(変調)させて照射を行なう方法。がんの形状に合わせて放射線を照射できることが特徴。
*4 画像誘導放射線治療(IGRT):毎回の放射線照射直前に患者の画像を取得し、位置誤差を修正することにより位置精度を高める技術。

●お問い合わせ
(株)日立製作所ヘルスケア社
X線治療システム営業本部
TEL:03-3526-8340
URL:http://www.hitachi.co.jp/index.html

日本アキュレイ(株)
マーケティング担当
TEL:03-6265-1526
URL:http://www.accuray.co.jp/

このページの先頭へ戻る