シネックスインフォテック、複数台のモニタ追加接続を可能にするスターテック・ドットコムのマルチ・ストリーム・トランスポート・ハブの取り扱いを2種 4モデルに拡大

医療などのプロフェッショナルの現場にマルチモニタ環境を提供

2015.08.31

 シネックスインフォテック(株)は、全世界で事業展開するコネクタなどの接続パーツの総合ソリューション企業、スターテック・ドットコム・ジャパン(株)の新製品で、最新の薄型Ultrabook(TM)などのノートパソコンのディスプレイポート、または、ミニ・ディスプレイポートに2台のモニタを追加することができるマルチ・ストリーム・トランスポート・ハブ 「MSTDP122DP」「MSTMDP122DP」を8月28日よりインターネット通販サイトを中心に販売開始する。店頭想定価格(税抜)は、両製品共に13,668円。
 
 Startech.comでは、今年6月に発表した1台のパソコンから3台のモニタを追加することができる「MSTDP123DP」、並びに「MSTMDP123DP」をはじめ、今後も優れたMST技術により、1台のパソコンから複数のモニタを利用できる機器を市場に投入していく予定。
 
〈MSTDP122DP〉
入力側コネクタ:DisplayPort
出力側コネクタ:DisplayPort
MSTDP122DP
 
〈MSTMDP122DP〉
入力側コネクタ:MiniDisplayPort
出力側コネクタ:DisplayPort
MSTMDP122DP
 
■製品の主な特長
・MSTハブでコンピュータに2台の外付けディスプレイを接続し、作業効率をアップ
・低コストのアダプタを使用し、各種テレビ、モニタ、プロジェクタの使用が可能
・最大解像度4Kに対応
・VESAおよびDisplayPort 認証を取得
・AMD EyefinityテクノロジやAMD Radeon等、DP1.2グラフィックカードに対応
・Microsoft Surface Pro 3との互換性を高める新規開発のチップセットを使用
 
「MSTDP122DP」、「MSTMDP122DP」は、Microsoft Surface Pro 3との互換性も考慮に入れ、厳格な動作確認テストが行われたチップセットを使用し、Surface Pro 3 に2台のディスプレイを追加し、ワークステーションとしての使用が可能。
surface
 
■複数スクリーンによる作業効率の向上
最近のコンピュータは、これまでになく携帯性に優れた設計になっている。これに伴い、ビデオ出力オプションが少なくなり、搭載スクリーンも小型化が進んでいる。このMSTハブは、外付けディスプレイを2台追加し、コンピュータ小型化に伴う上記の問題を2つとも解決し、マルチタスクしやすい環境を提供する。医療などのプロフェッショナルの現場にもマルチモニタ環境が簡単に構築できる。
複数スクリーン
 
■あらゆるディスプレイに接続
同製品と、DisplayPort ビデオアダプタおよびケーブルアダプタを一緒に使用すると、HDMI/VGA/DVIディスプレイを接続することができる。つまり、あらゆるテレビ、モニタ、プロジェクタとの互換性が提供される。さらに、本製品は、VESAとDisplayPort の認証を取得しており、DP 1.2、または、mDP 1.2システム※に対応しているため、既存のビデオ機器とスムーズに統合することができる。
※ MSTDP122DP はDP 1.2、MSTMDP122DPはmDP 1.2システム にそれぞれ対応。
あらゆるディスプレイ
 
■様々な環境に合わせディスプレイを構成
同製品を使用し、デスクトップ画面を複数の外付けモニタに拡張したり、別々のコンテンツをストリーミングしたりできるので、自在にマルチタスクを行うと同時に、作業効率を向上させることができます。また、デジタルサイネージなど、リモートビュー用途で同じイメージを複数のディスプレイに表示することも可能。
様々な環境
 
■システムリソースに大きな負荷をかけずに驚きのビデオ品質を実現
MST技術は、既存のビデオカードを使用し、システムリソースの使用を最小限に抑えながら、4K解像度を実現する。前例のないパフォーマンスを提供するMSTは、グラフィックデザイン、ゲーム、医療用画像処理などの高解像度アプリケーションに最適。
 
1920×1080 (高解像度 1080p) @60Hz – 22%
1920×1200 @60Hz – 30%
2560×1440 @60Hz – 35%
2560×1600 @60Hz – 38%
3840 x 2160 (4KウルトラHD) @30Hz – 38%
 
※100%を超過すると機能が低下する。
※製品の外観や仕様は予告なく変更する場合がある。
※ 1台のパソコンから3台のモニタを追加することができるマルチストリームトランスポートハブ(MSTDP123DP、並びにMSTMDP123DP)の詳細は、StarTech.comのホームページを参照のこと。
【MSTDP123DP(DisplayPort(TM)1.2 – 3ポートDisplayPort MSTハブ)】
http://www.startech.com/jp/AV/Displayport-Converters/Triple-Head-DisplayPort-Multi-Monitor-MST-Hub~MSTDP123DP
 
【MSTMDP123DP(Mini DisplayPort(TM)1.2 – 3ポートDisplayPort MSTハブ)】
http://www.startech.com/jp/AV/Displayport-Converters/Mini-DisplayPort-Triple-Head-DisplayPort-Multi-Monitor-MST-Hub~MSTMDP123DP
 
■製品仕様
〈保証期間〉 2年
〈ハードウェア〉
 ・オーディオ:あり
 ・コンバータタイプ:MSTハブ
 ・チップセットID:STDP4320
 ・ポート:2
 ・出力信号:DisplayPort
〈性能〉
 ・最大デジタル解像度:3840×2160 @ 30Hz
 ・対応解像度:1024×768 / 1280×720 (High-definition 720p)
1920×1080 (High-definition 1080p) / 1920×1200
2560×1440 / 2560×1600 / 3840 x 2160 (Ultra HD 4K) @30Hz
 ・ワイド画面サポート:あり
〈コネクタ〉
 ・MSTDP122DP:コネクタA:1 – DisplayPort(20ピン) レセプタクル 入力
コネクタB:2 – DisplayPort(20ピン) メス 出力
 ・MSTMDP122DP:コネクタA:1 – Mini-DisplayPort(20ピン) オス 入力
             コネクタB:2 – DisplayPort(20ピン) メス 出力
〈対応OS〉
 ・Windows 10 (32/64)
 ・Windows 8/8.1 (32/64)
 ・Windows 7(32/64)
〈物理的特徴〉
 ・エンクロージャタイプ:プラスチック
 ・色:ブラック
 ・製品幅:58 mm
 ・製品重量:51 g
 ・製品長さ:62 mm
 ・製品高さ:20 mm
〈電源〉 USB電源
〈環境条件〉
 ・保存温度:-20°C to 60°C
 ・動作温度:0°C to 40°C
 ・湿度:50 – 90%
〈パッケージ情報〉
 ・工場出荷時(パッケージ)重量:142 g
〈パッケージ内容〉
 ・MSTDP122DP:1 – 2ポートDP – DP MSTハブ
             1 – クイックインストールガイド
 ・MSTMDP122DP:1 – 2ポートmDP – DP MSTハブ
1 – クイックインストールガイド
 
特記 / 必要条件等
1.複数のディスプレイで別々の出力を行うには、GPUがDisplayPort 1.2
(MSTとHBR2に対応)をサポートしている必要があります。
2.DisplayPort 1.1ビデオカードを使用する場合、本製品はスプリッタとして
機能します。すべてのディスプレイでビデオソースを自動的にミラーリングし、
解像度は制限されます
3.MSTは、取り付けたすべてのディスプレイで21.6 Gbpsを共有します。
1つのポートでより高い解像度を使用すると、残りのポートで利用できる帯域幅が
制限されます。ご使用のセットアップでの最適な解像度を求めるには、
以下のガイドラインを参照してください。一部のグラフィックアダプタでは
MSTサポートに限りがあり、合計で3台を超える複数ディスプレイには対応
しません。3台以上の追加モニタがある場合、4台目から無効になります。
 
■価格
〈DisplayPort(TM)1.2 – 2ポートDisplayPort MSTハブ〉
 ・型番:MSTDP122DP
 ・カラー:ブラック
 ・店頭想定価格:13,668円
 
〈Mini DisplayPort(TM)1.2 – 2ポートDisplayPort MSTハブ〉
 ・型番:MSTMDP122DP
 ・カラー:ブラック
 ・店頭想定価格:13,668円
 
■発売日
2015年8月28日よりアマゾン、EC-カレント、E-Best、特価.com、PCワンズ、 @Telaffyにて取扱いを開始する。
 
■法人向け販売に関して
法人向けには、シネックスインフォテックと契約の付加価値再販業者を通じた販売となる。詳細は担当営業、または下記のシネックスインフォテックホームページまでお問い合わせのこと。
http://www.synnexinfotec.co.jp/inquiry/sales/
 

■お問い合わせ
シネックスインフォテック(株)
プロダクトマネジメント部門 マーケティング部
TEL:03-5665-8533
http://www.synnexinfotec.co.jp/

このページの先頭へ戻る