富士フイルム、高解像度CMOSセンサーを搭載し拡大観察可能な内視鏡下部消化管用拡大スコープ「EC-600ZW/M」を新発売 -拡大観察時のピント合わせをサポートする「ステップズーム動作モード」を搭載-

2015.05.27
 富士フイルム(株)は、キセノン光源を用いた内視鏡システム「Advancia(アドバンシア)」シリーズ用スコープの新ラインアップとして、イメージセンサーに高解 像度CMOSセンサー*1を搭載した下部消化管用拡大スコープ「EC-600ZW/M」を、5月29日より富士フイルムメディカル(株)を通じて発売する(なお、本製品を、5月29日から31日まで、名古屋国際会議場で開催される「第89回 日本消化器内視鏡学会総会」に出展する)。
 同社が提供するキセノン光源の内視鏡システム「Advancia」シリーズは、白色光での通常観察や、コントラストが高い画像をリアルタイムで生成する分光画像処理機能FICE*2を用いた観察が可能。 同社は、最先端の画像技術を結集しながら、病変の早期発見、そして診断、治療につながる内視鏡製品・技術の開発を進めてきた。
 今回発売する「Advancia」シリーズ用の下部消化管用スコープ「EC-600ZW/M」には、イメージセンサーに高解像度CMOSセンサーを搭載。 本センサーと、当社独自の画像処理技術を組み合わせることで、高解像度の明るい静止画と高精細で滑らかな動画を得ることができる。 また、分光画像処理機能FICEを使うことで、表層血管や病変の視認性のさらなる向上が期待でき、病変の早期発見やスクリーニングをサポートする。
 また、最短1.5mmからの近接観察を実現する新設計のレンズを搭載。 病変などをより細部まで観察できる。 光学拡大時の動作モードは、通常の「連続ズーム動作モード」に加え、新たに簡単なボタン操作で段階的に拡大できる「ステップズーム動作モード」を搭載し、拡大観察時にピントを合わせやすくなった。

*1 Complementary Metal-Oxide Semiconductor(相補性金属酸化膜半導体)の略。デジタルカメラなどのイメージセンサーにも多く採用されている。
*2 Flexible spectral Imaging Color Enhancementの略。通常画像から分光画像(特定の波長で得られる画像)をリアルタイムに生成できる画像処理機能。自由に波長パターンを選択できよりコントラストの高い画像を得ることができる。

1. 品名
販売名 : 電子内視鏡 EC-600ZW/M
認証番号 : 226AABZX00105000
一般的名称 : ビデオ軟性大腸鏡(ビデオ軟性S字結腸鏡)

2. 発売日
平成27年5月29日

3. 主な特長
1)高い観察性能を実現
oイメージセンサーに高解像度CMOSセンサーを搭載した。独自の画像処理技術と組み合わせて、高解像度の明るい静止画と、高精細で滑らかな動画を提供し、病変の早期発見をサポートする。
o最短1.5mmからの近接観察を実現する新設計のレンズを搭載。病変などをより細部まで観察できる。
2)ピント合わせをサポートする「ステップズーム動作モード」を搭載
 光学拡大時の動作モードは、通常の「連続ズーム動作モード」に加え、新たに簡単なボタン操作で段階的に拡大できる「ステップズーム動作モード」を搭載。拡大観察時のピントが合わせやすくなった。操作者のニーズに合わせて動作モードの選択が可能。

4. 主な仕様
視野方向 0°(直視)
視野角 標準時:140° 最近接時:56°
観察範囲 1.5~100mm
標準時:3~100mm/最近接時:1.5~2.5mm
先端部外径 12.8mm
軟性部外径 12.8mm
湾曲角 UP:180°/DOWN:180°/LEFT:160°/RIGHT:160°
有効長 1,330mm
全 長 1,630mm
鉗子口最小径 3.8mm

●お問い合わせ
富士フイルムメディカル株式会社
TEL.03-6419-8033
http://fms.fujifilm.co.jp/

このページの先頭へ戻る