島津製作所、国内メーカー初、トモシンセシス撮影に対応した高機能デジタルX線一般撮影システム「RADspeed Pro EDGE package」を発売

2015.04.08

国内メーカー初、トモシンセシス撮影に対応した
高機能デジタルX線一般撮影システム「RADspeed Pro EDGE package」を発売
-多彩な臨床アプリケーションにより診断を強力にサポート-

診断用X線装置「RADspeed Pro EDGE package」

 

島津製作所は、国内メーカーで初めてX線一般撮影システムで対応する「トモシンセシス」「デュアルエナジーサブトラクション」、進化した「長尺撮影」の各種アプリケーションにより臨床現場における診断をサポートする、デジタルX線一般撮影システムの新製品「RADspeed Pro EDGE package」(ラドスピード プロ エッジ パッケージ)を4月8日に発売した。
また、本製品を「2015国際医用画像総合展」(4月17日~19日、パシフィコ横浜)に出展する。

X線一般撮影システムは、胸部や腹部、整形外科領域の骨や関節など、多様な部位の撮影に使用されており、さまざまな病気の初期診断において欠かすことのできないものである。
近年、FPD(フラットパネル検出器)を搭載したシステムの普及が進み、デジタル画像処理技術を用いて診断能に優れた画像を提供する各種アプリケーションが臨床現場において活用され始めている。

本製品は、RADspeed Proシリーズで好評を得ている高い操作性と充実した被ばく低減機能を受け継ぎつつ、1回の断層撮影で任意裁断高さの断層画像を提供する「トモシンセシス」、軟部組織画像と骨組織画像を生成する「デュアルエナジーサブトラクション」、全脊椎・全下肢をカバーする長尺画像を提供する「長尺撮影」の各種アプリケーション(いずれもオプション)を搭載することができるシステムで、富士フイルム(株)のFPDおよびコンソールを採用するとともに、当社独自のトモシンセシス専用ワークステーション(オプション)を備えている。従来の単純撮影に加えて、これらのアプリケーションを用いることでさらなる診断能の向上に寄与する。また、一般撮影室の一連の検査の流れの中で「トモシンセシス」「デュアルエナジーサブトラクション」を行うことができるので、ワークフローが改善され、検査のスループットが向上する。さらに、患者さんにとっても、待ち時間や検査時間の短縮につながり、検査にともなう負担が軽減する。

<新製品の特長>
1. 診断能に優れた多彩なアプリケーションに対応
【トモシンセシス】

同社がX線TVシステムで豊富な実績を有するトモシンセシスアプリケーションを、一般撮影システムに搭載した。1回の直線断層走査から得られる撮影データから複数枚のデジタル断層画像を簡単・短時間で得ることができる。また、得られたデータより任意の高さで断層面を何度も再構成できるため被ばく線量を低減できる。さらに、立位での荷重状態や臥位でのテーブル上の撮影、肘や膝を曲げた状態での撮影も可能であり、フレキシブルな検査が可能である。
整形外科領域にて、ボルトやプレートなど金属固定された部位の術後の経過観察を行う場合に、画像診断を困難にしている金属アーチファクトが抑えられるため、骨の癒合状態などの金属周囲の骨評価が容易になる。

【デュアルエナジーサブトラクション】
骨と軟部組織のX線吸収差を利用して、高電圧像と低電圧像を連続して撮影し演算処理を行うことにより、単純X線写真に加えて軟部組織画像と骨組織画像をそれぞれ生成することができる。胸部画像において、軟部画像より肋骨に隠れた結節陰影を描出したり、骨画像により石灰化を描出することができるので、肺がんなどの胸部の診断に有用である。

【長尺撮影】
新たに開発したX線撮影テーブルにより、業界最長レベルの120cm(同社従来機比40cm長)の臥位長尺撮影を可能にした。立位スタンドでは、最長160cmの長尺撮影が可能である。体の大きい被検者であっても、全脊椎・全下肢を観察することができる。
また、RADspeed Proシリーズの特長の一つである、X線管保持装置がX線撮影スタンドまたはX線撮影テーブルと自動で連動する機能、画像の自動結合機能を受け継いでおり、長尺画像を簡単に得ることができる。

2. 並行処理を可能にするトモシンセシス専用ワークステーション
業界で唯一、トモシンセシスの画像再構成専用の画像処理ワークステーション「サイドステーションRAD」を備えている。
トモシンセシス画像再構成中であっても、撮影用コンソールにて次の撮影検査を実行することができるため、検査スループットの向上が期待できる。

 

【トモシンセシス画像】

【デュアルエナジーサブトラクション画像】

【長尺画像】

 

名  称:診断用X線装置「RADspeed Pro EDGE package」
価  格:8,000万円から(税別) システム構成により異なる。
販売計画:30台(国内・海外合わせて。発売から1年間)

【製造販売認証番号】(医療用)
221ABBZX00210000
据置型デジタル式汎用X線診断装置[診断用X線装置 RADspeed Pro]
据置型アナログ式汎用X線診断装置
据置型デジタル式汎用X線透視診断装置

●お問い合わせ
島津製作所 医用機器事業部
TEL:075-823-1270
URL:http://www.shimadzu.co.jp/jindex.html

このページの先頭へ戻る