EIZO、手術室内の様々なシステム接続に柔軟に対応する、モジュール方式採用の27型医用画像表示モニターを発売

2014.10.30

EIZO(株)は、27型ワイドの手術室向け画像表示モニターRadiForce EX270Wを2014年12月1日に発売する

価格はオープン。オープン価格の製品は標準価格の定めなし。

RadiForce EX270Wは、手術室内での使用を想定した27型ワイドタイプのフルHD(1920×1080)液晶モニターである。手術室の様々なシステムの映像出力方式に応じて、モニターの接続端子部分のみを容易に変更できる「モジュール方式」を採用している。

これまでの手術室向けモニターは、手術室内のあらゆるシステムと接続できるように多種多数の接続端子を装備していることが特徴であった。しかし、接続端子すべての評価試験・検査を実施するため製造に時間がかかったり、筐体サイズが大きくなってしまうという課題があった。RadiForce EX270Wは、その接続端子部を選択・変更できるモジュール方式にすることで、接続するシステムへの柔軟な対応、製造時間の短縮、シンプルな筐体デザイン、さらにスマートな配線を実現する。

手術室内向けの他の特長として、RadiForce EX270Wは奥行きわずか4cmの筐体デザインを採用。さらに背面は流線型を基調としており、スリムな印象を強調している。このため、限られた手術室内のスペースや移動式の医用ラック上のスペースを節約し、設置モニターによる圧迫感を低減することができる。モニター前面には無反射保護ガラスを取付け、側面には丸みのあるデザインを施すことで、視認性の確保、液体等の侵入防止、および使用者の安全性への配慮をしている。

画質面では、RadiForce EX270Wは高輝度600 cd/m2のIPS方式液晶パネルを採用しているため、手術室内のどこからでも明瞭な視認性を得ることができる。また、同社工場において一台一台生産時に画面表示の階調特性を調整することにより、医用画像データを理想の状態で表示する。

同社は、2014年11月1日(土)~3日(月)にグランドプリンスホテル新高輪で開催される日本臨床麻酔学会 第34回大会で同製品を展示する。

RadiForce EX270Wの製品情報

●お問い合わせ

EIZO(株)
営業1部 モダリティ・ORソリューション課
TEL:03-5715-2014
FAX:03-3458-7001
URL:http://www.eizo.co.jp/

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る