富士フイルム(株)は、レーザー光源搭載の内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」用特殊光色彩強調機能「LCI(エルシーアイ)(Linked Color Imaging(リンクト カラー イメージング))」提供を開始。粘膜のわずかな色の違いを強調して、炎症の診断をサポート

2014.10.14

 富士フイルム(株)は、内視鏡システムの光源にレーザーを用いた新世代内視鏡システム「LASEREO(レザリオ)」用の新たな画像処理機能として、粘膜のわずかな色の違いを強調して、炎症の診断をサポートする「LCI(Linked Color Imaging)」を、10月23日より富士フイルムメディカル(株)を通じて提供開始する。なお、同社は10月23日から神戸で開催される第22回日本消化器関連学会週間(JDDW2014)で本機能の技術展示を行う。
 内視鏡による消化管粘膜の観察では、正常な粘膜と炎症のある粘膜を見分けなければならない。例えば、ヘリコバクター・ピロリ菌などが原因となって胃の粘膜が炎症を起こした場合、胃粘膜が薄く痩せてしまう「萎縮」が進み、胃がんを引き起こしやすい状態になるため、粘膜の炎症を早期に見つけることが非常に重要だ。しかし、正常な粘膜と炎症部はわずかな色の違いしかないことから、炎症部の発見や炎症の度合いの判断などが難しい場合があった。
 このような状況下、医療現場からは、「炎症の診断の客観性を高めたい」というニーズが高く、当社は独自の画像処理機能の開発を進めてきた。
 今回提供を開始する「LCI」は、波長の異なる「白色光観察用レーザー(白色光用レーザー)」と「狭帯域光*1観察用レーザー」の2種類のレーザー光による病変観察が可能な内視鏡システム「LASEREO」用の画像処理機能である。「LCI」は、「白色光用レーザー」で画面の明るさを保ちながら、重ねて照射される「狭帯域光観察用レーザー」で粘膜内の血液のコントラストを高めた画像に対し、赤色領域の色分離が良くなる画像処理を行うもの。消化管の正常な粘膜、萎縮粘膜、発赤*2などを診断するうえで重要になる粘膜の色は、赤色領域に集中している。「LCI」は、これらの粘膜色に近い色の彩度差・色相差を拡張する画像処理を行うことで、粘膜のわずかな色の違いを強調して、炎症の診断をサポートする。
 今後、「LCI」を「LASEREO」システムの標準機能として提供していく。すでに医療機関に導入されている「LASEREO」にも、本機能を追加搭載することができる。
 同社は、早期がんの診断に加え、胃がんなどの前段階である炎症の診断のサポートにも注力していく。
 今後も、「LASEREO」や経鼻内視鏡など独自の技術を生かした製品を開発し、医師や患者のニーズに応えていく構えだ。

● 品名
「LCI(Linked Color Imaging)」 ※今後「LCI」は、「LASEREO」システムの標準機能として搭載される。
【参考】「LASEREO」のシステム構成
薬事販売名:
・光源装置 LL-4450(薬事認証番号223AABZX00062000)
一般的名称:送気送水機能付外部電源式内視鏡用光源装置
・プロセッサ VP-4450HD(薬事届出番号14B2X10002A0V009)
一般的名称:内視鏡ビデオ画像プロセッサ
● 提供開始日
平成26年10月23日
● 特長
1.赤色領域のわずかな色の違いを画像処理で見やすく表示。
「白色光用レーザー」で画面の明るさを保ちながら、「狭帯域光観察用レーザー」で粘膜内の血液を高いコントラストで捉えて得られた画像に対し、赤色領域の色分離が良く なる画像処理を実施。粘膜色に近い色の彩度差・色相差を拡張する画像処理を行うこと で、粘膜のわずかな色の違いを強調して、炎症の診断をサポートする。
2.「LASEREO」システムの標準機能として搭載。
LASEREOシステムを既にお持ちの医療機関では、プロセッサ本体ソフトのバージョンアップにより使用が可能。

*1 波長帯域の狭い光。「LASEREO」においては、粘膜表層の微細血管などを強調した画像観察用に使用。
*2 粘膜の一部が充血して赤くなる症状

●お問い合わせ
富士フイルムメディカル(株)
TEL:03-6419-8033
URL:http://fujifilm.jp/business/medical/

このページの先頭へ戻る