東芝メディカルシステムズ、東芝医用システムエンジニアリングの統合・合併を発表

2014.05.21

 東芝メディカルシステムズ(株)は2014年5月21日、さらなる成長を目指すため、グループ会社である東芝医用システムエンジニアリング(株)との間で、同社を存続会社とした吸収合併(2015年4月1日付)を行うことを前提に、2014年10月1日付で実質的に統合することを決定した。
 東芝メディカルグループは、世界135か国以上にX線診断システム、CT、MRIや超音波診断システムなどの医療システムを提供しており、このなかで、東芝医用システムエンジニアリングは、医療システムの開発・設計、およびドキュメント制作全般をエンジニアリング会社として分担している。
 現在、(株)東芝は、「エネルギー」、「ストレージ」に加え「ヘルスケア」を経営の第3の柱とすべく事業強化を図っている。ヘルスケア事業についてはより高い競争力を得るため、グローバルでの医療システム開発能力のさらなる向上、業務効率向上が必要とされ、幅広い事業領域において有する広範囲の技術融合を目指している。
 同社は日・米・欧・中の世界4拠点におけるグローバルR&D体制を確立し、世界の医療施設との共同研究・共同開発を進めている。今回の統合およびその後の合併により、先行技術開発、要素技術開発、商品開発等の役割分担の明確化と開発体制の再構築を行うことでそれぞれが持つ技術力集約のシナジーを活かし、グローバルな競争力のある製品開発を加速していく。
 
 
[両社の概要]
 
商号     東芝メディカルシステムズ株式会社
本店所在地  栃木県大田原市下石上1385番地
代表者    代表取締役社長 綱川 智
主な事業内容 医療システムの開発・製造・販売・技術サービス
資本金    207億円
設立年月    1948年9月
主要株主    株式会社東芝 (99.4%) (東芝グループによる100%保有)
 
商号     東芝医用システムエンジニアリング株式会社
本店所在地  栃木県大田原市下石上1385番地
代表者    代表取締役社長 内藏啓幸
主な事業内容 医療システムの開発・設計、および医療システムに関するドキュメント企画・制作全般
資本金    2億3千万円
設立年月    1972年10月
主要株主    東芝メディカルシステムズ株式会社 (100%)
 
 
●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)
広報室
TEL 0287-26-5100
http://www.toshiba-medical.co.jp/

このページの先頭へ戻る