東芝メディカルシステムズ、安全で安心な線量マネージメントを提供する技術を今後は「DoseRite」で展開

2014.04.07

 東芝メディカルシステムズ(株)は、「患者さんや医療スタッフの被ばくや負担を最少にすること、そして診断や治療のため最良の画像を提供し続ける」ために、「Minimize. Visualize.」(ミニマイズ ビジュアライズ)を医療被ばく低減のスローガンに掲げ、様々な技術を開発している。

 X線を用いる画像診断システムにはX線循環器撮影システム、X線テレビやCTなど様々なシステムがある。このたびX線循環器撮影システムにおける被ばく低減のための低線量撮影技術や線量管理技術の総称を「DoseRite.(ドーズライト)」として展開する。4月11日パシフィコ横浜で開催される国際医用画像総合展 ITEM2014 にて様々な技術をご紹介される予定だ。DoseRiteには「患者さんに最善の医療を尽くし、医療従事者の安全を置き去りにせず、管理者へ安心を提供する」とのX線循環器撮影システムに関わる全ての方たちへの想いがこめられている。
 X線循環器診断システムにおいては、X線を照射しながらの手技となるため、積極的にX線量を低減することが求められている。
 そのため同社は様々なアプローチにより積極的にX線量を低減する技術を開発している。画像処理コンセプト「PureBrainTM」では、画像中の量子ノイズを大幅に低減し残像の少ない高画質の透視像をリアルタイムに提供することを可能とするため、比較的線量の高い撮影の頻度低減に貢献する。「スポット透視機能※1」は関心領域にのみX線を照射できるので、積極的な低線量透視を実現する。さらに「Dose Tracking System(DTS)」は、術中に患者入射皮膚線量分布をカラーマップでリアルタイムに可視化することで放射線皮膚障害のリスクを管理できる。

DoseRite_mark
 今後、X線循環器撮影システムに関わる患者、医療スタッフ、施設管理者などすべての方々に安全で安心な線量マネージメントを提案する技術を「DoseRite SpotFluoro」「DoseRite DTS」のように表記していく。
 同社は、これからも被ばく低減を実現させるため技術の開発を進め、すべての人にやさしい医療システムを提供していく。

※1 「スポット透視機能」:透視におけるX線照射面積を減らすことにより最大で被験者照射線量を約90%、術者線量の約70%削減を可能とする機能。

※DoseRite、PureBrain、Made for Lifeは東芝メディカルシステムズ株式会社の商標です。

●お問い合せ
東芝メディカルシステムズ(株)
広報室
TEL:0287-26-5100
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/

このページの先頭へ戻る