ソニー、眼科検査用の顕微鏡に対応した フルHDビデオカメラを発売

2014.04.03

 ソニーは、眼科検査用の顕微鏡(スリットランプ)に装着して、顕微鏡を覗く医師と同様の映像を高精細なフルHDで撮影する、CMOSフルHDビデオカメラ「MCC-500MD」を発売する。
 同機は、コンパクトなカメラユニット1台とコントロールユニット1台で構成。放送・業務用のカメラで培った技術ノウハウを用いることで、眼科検査映像に求められる精密な映像調整をコントロールユニットで調整でき、特にスリットランプ特有の暗部と明部のコントラストの大きい映像の撮影に対応できる。

型名:CMOSフルHDビデオカメラ 「MCC-500MD」
発売日:4月1日
価格:オープン価格

 スリットランプとは、眼科検査用の顕微鏡で、前眼部(角膜、水晶体、結膜など)の観察に用いられており、一般的に、スリットランプで前眼部を検査する際は、検査室内を暗くし患者の眼に強いスリット状の光を当てた映像を観察し、傷や炎症の確認を行う。従って、その映像は暗い背景に明るい被写体が映し出されるものとなるため、撮影するカメラにはダイナミックレンジの広さ、高い感度などが求められている。
 同機は、1/2.9型 Exmor CMOSイメージセンサー(有効画素数207万画素)を搭載し、F値5.6の高感度と55dB(デシベル)の低ノイズを実現し、微細な情報を高精細に撮影することが可能となっている。
 搭載しているCMOSイメージセンサーは色分解性能に優れており色階調を豊かに表現できるため、眼科手術顕微鏡にも対応し、観察や映像を使った研修医への教育などへの貢献も期待できる。
 さらに、特定の撮影に適した最大6つの撮影条件を設定できる「ピクチャープロファイル機能」を搭載し、プリセットした条件はフロントパネルのボタンに触れるだけで呼び出しが可能。カスタマイズできるパラメーターは、露光・シャープネス・ガンマ・ホワイトバランスなどの画質設定だけでなく、眼科検査に多用されるフルオレセイン蛍光検査モードも搭載しており、医師は検査内容により撮影モードを簡便に切り替えることができる。

この製品の具体的な使用例として、主に以下2点が挙げられる。

①スリットランプを覗く医師にしか視認できない映像を同機で撮影し、モニターに映し出すことで、看護師や、研修を目的にした研修医や医学生、あるいは患者とも映像を共有できる。
②撮影した映像をメディカルレコーダーに保存することで、大学病院、臨床研修施設などでの教育用途や学会発表に使用するなど、貴重な症例の映像を有効に利用できる。

 近年、医療現場における様々な映像装置において、急速に高画質化が進んでいる。スリットランプの周辺機器においても、現在はSD映像の機器が主流であるが、各メーカーがHDに対応したPC用のスリットランプ映像管理ソフトウェアの開発を加速させるなど、HD化への傾向が顕著である。それに伴い、今後スリットランプの映像を撮影するHDカメラの需要の拡大が予測されている。
 同社は、医療周辺機器のカメラを1988年から開発、製品化しており、そのノウハウや放送・業務用カメラで培った映像技術を込めた同機を導入することで、高画質映像による付加価値を医療現場(例:眼科検査領域)へも展開する。

 同社は、中長期に成長を目指す事業領域の一つであるメディカル事業の中で、専用のカメラに加え、レコーダーやプリンター、モニターなど医療現場の周辺機器の製品ラインナップも強化していくという。

「MCC-500MD」の主な特長
1. 1/2.9型フルHDイメージセンサー搭載
 フルHD解像度をもつ有効207万画素の1/2.9型Exmor CMOSセンサーを搭載。
 F値5.6という高感度、55dBの低ノイズを実現し、微細な画像情報の高精細かつ緻密な撮影が可能。搭載しているCMOSイメージセンサーは色分解性能に優れており、例えば、角膜、水晶体、結膜など前眼部の顕微鏡画像による観察・手術分野への医学的貢献が期待できる。
2. ピクチャープロファイル機能を搭載
 特定の撮影に適した最大6つの撮影条件を設定できる「ピクチャープロファイル機能」を搭載し、プリセットした条件はフロントパネルのボタンに触れるだけで呼び出しできる。カスタマイズできるパラメーターは、露光・シャープネス・ガンマ・ホワイトバランスなどの画質設定だけでなく、眼科検査に多用されるフルオレセイン蛍光検査モードも搭載しており、医師は検査内容により撮影モードを簡便に切り替えることができる。
3. 小型・軽量な40gのカメラヘッド
 CMOSイメージセンサーの採用により、フルHDの解像度を持ちながら、40gというカメラヘッドの軽量化を実現。検査機器への装着が、より容易になった。
4. 幅広いビデオフォーマットに対応
 フルHDだけでなく、多くのファイリングシステムに採用されているSDにも高い画質で出力できる。柔軟性や拡張性に優れたソリューションを提供する。
5. カメラケーブル長の選択が可能
 設置される環境に応じ、カメラケーブルは6m、10m、15mから選択できる。さらに、オプションの延長ケーブルを用いることで最大20mまで延長が可能。検査室のレイアウトによる制限を最小化した。
フルオレセイン蛍光検査:眼科臨床における診断の際に広く使われている検査方法。フルオレセインナトリウム溶液を眼に滴下し、蛍光造影を行うことで擦過傷や潰瘍の有無や程度を観察する。

●お問い合わせ先
ソニービジネスソリューション(株) 
TEL:
0120-788-333(フリーダイヤル)
0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などフリーダイヤルがご利用になれない場合)
URL:http://www.sony.co.jp/

このページの先頭へ戻る