コニカミノルタ、世界5極体制で「Business Innovation Center」を新設

2014.02.10

~ 市場・顧客に密着した新たな商材・サービスを開発 ~

 
コニカミノルタ㈱は、地域・市場やお客様ニーズに即した新規サービス事業の開発のため、世界5極において「Business Innovation Center(BIC)」を新設した。

同社は、主力の情報機器事業において、MFP(複合機)の販売を中心とするビジネスモデルから、ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)を活用したお客様企業の業務プロセスの改善・改革に向けたサービス提供への事業転換を積極的に推進している。
 
そしてこの度、より市場ニーズに即しお客様企業内のデジタルワークフローソリューションを開発し提供していくため、世界5極(北米/欧州/アジア・パシフィック/中国/日本)体制で「Business Innovation Center(以下BIC)」を設置した。各BICにおいては、各々の市場においてより広くさらに深くお客様のニーズをくみ取り、迅速に開発・事業化していくことを目指す。
BICでは、お客様への提供価値を高めるべく事業開発段階から様々な開発機関、パートナー企業等と一体となって開発を推進する。また、世界5極全てのBICにおいて、トップおよび主力スタッフは、現地にてリクルーティングした人材で構成しており、地域に密着した対応ができることも大きな特長である。
 
こうした特長を活かし、各拠点の市場におけるお客様ニーズの分析、技術トレンドや有用商材のリサーチといったマーケティングの取り組みを実施しながらサービスの設計・開発・投資などを踏まえて事業の開発および立ち上げを行う。

ICTサービス領域を中心として各拠点のマーケットニーズに準じたお客様サービスの開発に注力する方針だが、将来的には事業領域を拡大し新たな商材開発を目指している。
このような背景の下、まず最初にアジア・パシフィック地域の拠点としてシンガポールにBICを開設する。当初、アジア・パシフィックのBICでは、SaaS(software-as-a-service:ネットワークを介して必要に応じてソフトウエアを利用するサービス)や業務プロセス自体をクラウドサービスとして提供するBPaaS(business-process-as-a-service)のようなクラウドをベースとしたサービスの開発を中心に取り組む。またBICでは、特定の業種をターゲットとした、クラウドベースのサービスをお客様と一緒に開発していく。
こういったクラウドサービスを提供するためのインフラの整備により、同社はお客様によりお求め易いサービスを、迅速に提供し、ビジネスの発展に貢献していく。
 
同社は、コミュニケーションメッセージ「Giving Shape to Ideas」のメッセージと共に、お客様に新たなサービスや価値をお届けすることで、より良い社会の実現に貢献し、社会から支持され必要とされる企業を目指す、としている。
 
 
●お問い合わせ
コニカミノルタ(株)
広報グループ
TEL:03-6250-2100
URL:http://www.konicaminolta.jp/

このページの先頭へ戻る