フィリップス エレクトロニクス ジャパン、新型マンモグラフィ装置「MicroDose mammography SI」を発売

2013.11.06

 (株)フィリップス エレクトロニクス ジャパンは11月6日、新型デジタル式乳房用X線撮影装置「MicroDose mammography SI」(マイクロドーズ・マンモグラフィ・エスアイ)の販売を開始することを発表した。
 「MicroDose mammography SI」は、ディテクタに入射するX線光子の数を直接デジタル信号として取り出すことで、画像形成までの信号の劣化を抑えるフォトンカウンティング技術と、グリッドを使わずに散乱線を97%以上除去するマルチスリットスキャン技術により、従来のデジタルマンモグラフィと比較して平均40%の被ばく量低減が可能となっている。「SI」とはスペクトラルイメージング(Spectral Imaging)の略で、透過物質によって異なるX線のスペクラル情報を活用する技術。銅製品では、1回の低線量撮影で50μm(マイクロメートル)の高精細画像と乳房の構成物質に関するスペクトラル情報を同時収集するシングルショットスペクトラルイメージングを世界で初めて可能としている。
 本製品と同時に発売される「Breast Density Measurement」を用いることで、スペクトラル情報から乳腺と脂肪組織を弁別して乳腺量や乳腺密度の自動算出が可能で、客観的な乳腺量評価を求める医療従事者の声に応える。
 「MicroDose mammography SI」の希望販売価格は、1億2千万円で(税込、仕様により異なる)、国内初年度の販売目標台数は約20台を見込んでいるとのこと。

「MicroDose mammography SI」の特長

1. 大幅な線量低減と高精細な臨床画像の両立
 「MicroDose mammography SI」は画質を妥協することなく、従来のマンモグラフィに比べて平均40%の被ばく量低減を達成している。フォトンカウンティング技術はアナログ/デジタル変換が不要で画像形成までの信号の劣化が少ないうえに、被写体をスキャンする独自の撮影方法は、情報の欠落部であるデッドピクセルがない。またマルチスリットスキャン技術では、被写体の前後に配置された、斜入するX線と被写体で発生する散乱線を除去するための2つのコリメータにより、グリッドを用いることなく散乱線を97%以上除去する。

2. スピーディで快適な検査を提供
 「MicroDose mammography SI」ではフォトンカウンティング技術により、ディテクタ内の残電荷消去が不要なため撮影間隔を短縮できるうえに、検査に必要な機能が集約した専用キーパッドを用いることで、1時間に最大15件の2方向撮影を可能にする。また人間工学を重視したデザインや温かいディテクタなど、医療従事者にも受診者にもスピーディで快適な検査を提供する。

3. 1回の低線量撮影で臨床画像とスペクトラル情報を同時に収集できるシングルショットスペクトラルイメージング
 乳房透過後のX 線エネルギー分布は、乳房内の構成物質によって異なる。「MicroDose mammography SI」では検出するX線光子のエネルギーを弁別することで、造影剤や追加撮影を行うことなく、乳房の構成物質に関するスペクトラル情報を収集するシングルショットスペクトラルイメージングを世界で初めて可能にした。「MicroDose mammography SI」と同時に発売されるアプリケーションツール「Breast Density Measurement」では、そのスペクトラル情報を用いて、乳腺量に関する定量的評価を可能にする。

MicroDose mammography SI

●お問い合わせ
(株)フィリップス エレクトロニクス ジャパン
ヘルスケア事業部 お客様窓口
TEL:0120-556-494 / 03-3740-3213
URL:http://www.philips.co.jp/

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る