ソニーが内視鏡からの映像を表示する 「ヘッドマウントイメージプロセッサユニット」を発売

2013.07.23

 ソニー(株)は、内視鏡の映像信号の入出力や映像制御などを行う「ヘッドマウントイメージプロセッサユニット」と、その内視鏡からの映像を、頭部に装着したディスプレイに3D/2Dで表示する「ヘッドマウントモニター」のセットを8月1日に発売すると発表した。

 同社は、外科用の3D内視鏡に対応した「ヘッドマウントイメージプロセッサ」と、付属品の3D「ヘッドマウントモニター」を発売する。内視鏡からの映像を3D/2D出力し、有機ELパネル搭載の装着型モニター(付属品)により自由な姿勢での作業を実現するもの。
 高解像度・動画応答性・色再現といった有機ELパネルの特長を生かし、対象物の微細な映像表現を可能にしている。左目用と右目用に2枚のパネルを搭載し、それぞれ独立したHD映像を表示して3Dを実現するため、映像が二重に見える現象(クロストーク)がなく、高精度で忠実な色再現と奥行き情報を表示できる。
 内視鏡手術などにおいて、通常医師は映像モニターへ向いた姿勢となり姿勢と動きが制限されるが、本機付属のヘッドマウントモニターは頭部装着型のため、自由な姿勢で手術を実行できる。さらに、2つの映像を同時に表示できる「ピクチャーインピクチャー機能」により、例えば内視鏡映像に加え、超音波内視鏡といった画像情報などを同時に表示することも可能だ。
 また、映像を左右/上下に反転表示できるため、例えば手術現場で、執刀医の内視鏡映像を向かい合った術者と助手がそれぞれの立ち位置からの視点で見ることもできるという。
 価格はオープン価格。 「ヘッドマウントモニター」は単品でもオプション発売する。

写真左:「ヘッドマウントイメージプロセッサユニット」と「ヘッドマウントモニター」 
写真右:「ヘッドマウントモニター」の着用イメージ

●お問い合わせ
ソニービジネスソリューション(株) 
業務用商品相談窓口
TEL:0120-788-333 (フリーダイヤル)、 0466-31-2588(携帯電話・PHS・一部のIP電話などから)
URL:http://www.sonybsc.com/

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る