富士フイルムメディカル、患者別・疾患別に検査画像や投薬・生体情報などの診療情報を統合して表示、臨床支援ビューイングシステム「CA-V(シーエーブイ)」新発売

2013.07.11

富士フイルム(株)(本社:東京都港区、社長:中嶋成博)は、病院内の検査画像や投薬・生体情報などの診療情報を患者別・疾患別に統合して表示する臨床支援ビューイングシステム「CA-V(シーエーブイ)」を、富士フイルムメディカル(株)(本社:東京都港区、社長:平井治郎)を通じて7月16日より発売する。

近年の医療技術の高度化により、臨床現場の医師が日々の診療で参照する検査画像や投薬・生体情報・検体検査などの診療情報は膨大な数に及び、一人の患者の診断や治療方針の決定に用いる情報は飛躍的に増加している。
医師は、患者の疾患に応じて行う各検査の結果を過去の診療記録と比較して、病態の変化を把握し、診断・治療方針を検討している。そのため、長期にわたって経過観察が必要な場合や、複数の疾患に罹っている場合、診断に必要な情報が多くなり、その収集に労力がかかるため、多様化する情報を効率的に整理して参照する方法が求められていた。

「CA-V」は、医師が診断や治療方針を検討するために必要な診療情報を、患者別・疾患別に取り出し、患者の病態変化を一つの画面上に時系列に沿って一覧で表示することで、医師の診療をサポートするシステムである。表示方法は、各患者の診療情報を時系列にグラフで視覚的に表示する「タイムラインビュー(TLV)」と、診療情報の全項目の数値データを表形式で表示する「タイムスライスビュー(TSV)」がある。TLVには、臨床医師の声をもとに開発した「疾患別絞込み表示機能」を搭載している。この機能を使えば、主要40疾患を対象に、投薬・生体情報・検体検査などの診療情報から、医師が各患者の疾患に応じて優先して参照する項目を絞り込んで病態の変化を表示することができる。なお、患者ごとに必要な診療情報項目を追加・削除し保存することができる。

「CA-V」は、TLVとTSVで多様化する情報を効率的に整理して参照できることに加え、国内のPACS市場でトップシェアの医用画像情報システム「SYNAPSE」と連携することで、専用の画像ビューワを起動させることなく、マウスオーバー操作で簡単に検査画像を参照することができる。さらに、同社の3次元画像解析システム「ボリュームアナライザー SYNAPSE VINCENT」とも連携することで、「CA-V」から3次元画解析結果を参照できるようになる。

CA-Vシステム構成例

○お問い合わせ
富士フイルムメディカル(株)
営業本部マーケティング部
TEL:03-6419-8033
URL:http://fms.fujifilm.co.jp/index.html

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る