東芝メディカルシステムズ、トルコ保健省よりCTシステム 50台受注

2013.04.30

~現地法人設立後の大型受注~
 
 
 東芝メディカルシステムズ(株)(本社:栃木県大田原市、社長:綱川 智)は、3月より現地法人Toshiba Medical Systems Turkey A.S.(以下 TMST)を立ち上げて営業開始したトルコ共和国において、同国保健省より、16列マルチスライスCTシステムを50台(Alexion)の大型案件を受注したことを発表した。今後、TMSTにより、同国内の国公立病院などへの据付が開始される。
 同社は1997年より同国へ画像診断機器の販売、サービスを提供し、顧客との強い信頼関係を築いてきた。さらに2012年に同国保健省よりハイエンドクラスの超音波診断装置(Aplio 500)を120台受注するなど実績を重ねてきた。また、昨年は、イスタンブールで、320列エリアディテクターCT Aquilion ONE導入施設が中心となり、臨床応用に関する情報共有を行なう中近東地域で初めての「ONE CLUB セミナー」を開催するなど、同国における同社のプレゼンスが高まっている。すでに同国においてはAquilion ONEが4台稼働している。
 
 
●お問い合わせ
東芝メディカルシステムズ(株)
広報室
TEL:0287-26-5100
URL:http://www.toshiba-medical.co.jp/tmd/index.html

このページの先頭へ戻る