日本アキュレイ、「サイバーナイフ ラジオサージェリーシステム VSI」の販売を開始

2013.04.01

 日本アキュレイ㈱(本社:東京都千代田区、社長:穂積重紀)は、放射線治療機器「サイバーナイフ ラジオサージェリーシステム VSI」の販売を4月1日より開始した。
本製品は、出力線量率を従来機種の25%増である1,000MU/分にパワーアップし、より効率的な体幹部治療に貢献するものだ。また、肺がんの高精度な放射線治療に必要であった金マーカーの留置が不要となる追尾機能「Xsight Lung Tracking System (XLT)」に加え、非侵襲治療の対象症例を拡大する新機能「Lung Optimized Treatment (LOT)」を搭載している。これにより患者さん負担の少ない治療が実現可能だ。
 今回の発売にあたり、同社代表取締役社長穂積重紀は次のように述べている。「サイバーナイフVSIは、頭蓋内・頭頸部における高精度な放射線治療を体幹部でも実行可能なSynchrony呼吸追尾システムをはじめ、治療部位に合ったトラッキング技術を搭載しています。今回、新機能LOTにより、これまで非侵襲治療の対象とならなかったがんも、その対象にできる可能性が高まります。当社は、より多くの患者さんが“切らずに治す放射線治療”のメリットを享受できるような開発を引き続き行ってまいります。」
 サイバーナイフシステムのテクノロジーは、頭蓋内・頭頸部に加えて体幹部病変にも、主に体幹部定位放射線治療(Stereotactic Body Radiation Therapy:SBRT)を提供する。また、動体追尾システムを搭載し、照射ターゲットを高精度で捉え有効線量を照射することが可能で、重要臓器や正常組織に隣接した腫瘍の治療も可能にしている。

サイバーナイフ ラジオサージェリーシステム VSI

●お問い合わせ
日本アキュレイ㈱
TEL:03-6265-1544
FAX:03-3272-6166
URL:http://www.accuray.com/

このページの先頭へ戻る