ACUBE、シャープ製次世代液晶テレビ「ICC PURIOS LC-60HQ10」とAMD FireProグラフィックスボードの動作検証を実施

2013.03.08
AMD FirePro W7000
 (株)エーキューブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:武藤和彦)は3月8日、シャープ製次世代液晶テレビ「ICC PURIOS「LC-60HQ10」とAMD FireProグラフィックスボードの動作検証を実施したことを発表した。
 今回の同社検証では、「AMD FirePro V7900」と「AMD FirePro W7000」、DisplayPort to HDMI変換ケーブル(オプション)を4本使用し、シャープ製4K液晶テレビ「ICC PURIOS LC-60HQ10」に接続、4K(3840×2160)の超高解像度の表示を確認したという。
 AMD FireProグラフィックスボードは、1枚のカードで多画面出力が可能なため、4Kのような超高解像度も1枚のグラフィックスボードで出力することができる。設定方法はとても簡単で、グラフィックスドライバに内蔵されている「Catalyst Control Pro」にてEyefinity設定を行うだけで、4系統の出力を1つのデスクトップとして表示させることがでるという。

※詳細については、下記WEBページを参照。
http://www.acube-corp.com/verification/sharp/

●お問い合わせ
(株)エーキューブ
TEL:03-3221-5950
URL:http://www.acube-corp.com/

このページの先頭へ戻る