ナナオ、LAN経由で映像伝送およびPC遠隔操作が行える17.0型液晶モニタ2機種を発売

2013.03.01
 (株)ナナオ(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛祥隆)は2013年4月2日より、ローカルエリアネットワーク(LAN)を介した映像・音声信号の伝送と、USB接続したマウス・キーボードからのPC遠隔操作が行える17.0型カラー液晶モニタ2機種を販売する(価格はともにオープン※)。
※オープン価格の商品は標準価格を定めていない。
 
 今回発売する製品は、17.0型カラー液晶モニタ「DuraVision FDS1702N」および17.0型タッチパネル装着カラー液晶モニタ「FDS1702NT」の2機種だ。
 PCとモニタをネットワーク(ギガビットイーサネット)で接続することで、LANケーブル1本で映像および音声の長距離伝送が可能であるほか、無線LAN接続(ワイヤレス接続)も行える。無線LANは、高速通信のIEEE802.11nにも準拠しており、動画の表示やタッチパネル操作も可能。
 ケーブルの敷設ができない場所や、PC本体の設置ができない場所でもモニタが利用できるほか、モニタ設置後のレイアウト変更なども容易になることから、同社では、工場の生産ラインの進捗状況表示やPCの粉塵・振動対策、店舗内での広告表示などの法人向け用途へ導入を見込んでいる。
 
 
その他の特長
・IEEE802.11a/b/g/n、10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tの主要なLAN規格に対応
・電波法技術基準適合証明、R&TTE、FCC/ICの主要な無線認証規格に適合
・1台のPCに最大6台のFDS1702N/FDS1702NTを接続して遠隔表示・遠隔操作が可能
・モニタ側に接続したUSB機器の操作が可能
・FDS1702NTは指や手袋越しでもタッチ操作が行えるアナログ抵抗膜方式を採用
・ステレオスピーカーを内蔵
・モニタ部の上部に通気孔や開口部などが無く、内部に異物の侵入しにくい設計
・24時間連続使用が可能(2年間保証)
 
 
●お問い合わせ
EIZOコンタクトセンター
TEL:0120-956-812
URL:http://www.eizo.co.jp/
このページの先頭へ戻る