インフォコム、AJSが展開する放射線部門システム事業の事業譲渡契約を締結

2013.01.30
 インフォコム㈱(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:竹原教博)は、ITホールディングスグループのAJS ㈱(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:藤田純司)が展開する放射線部門システム事業の譲り受けに関する事業譲渡契約を締結した

●事業譲受けの背景・目的
 インフォコムは、平成25年3月期を初年度とする中期経営計画(平成24年2月6日公表)において、ヘルスケア事業を重点事業分野の一つと位置付け、業容拡大を推進している。ヘルスケア事業では、①医療分野での経験・ノウハウを活用し更なる周辺分野への展開、②新製品・サービス拡充による既存事業の拡大に注力している。AJSの放射線部門システム事業は、平成5年以来、放射線部門に係る様々なソリューションを提供し、日本全国約100の病院・研究機関への導入実績を有している。インフォコムは、シェアの拡大と製品・サービスの拡充によりヘルスケア事業の強化が図れると判断し、AJSの放射線部門システム事業を譲り受けることとした。

●事業譲受の概要
1.譲受対象製品
 AJSが医療関連分野向けとして展開する製品
・放射線システム(Dr.View/RIS)
・読影レポートシステム(Dr.View/REPORT)
・医療画像解析ソフトウェア(Dr.View/LINUX)
・放射線治療情報システム(Dr.View/RTiS)
 ほかDr.Viewシリーズ、OEM製品

2.事業譲受の日程
 事業譲渡契約書締結日:平成25年1月23日
 事業譲渡日:平成25年4月1日(予定)

3.インフォコムの業績に与える影響
 インフォコムの平成25年3月期連結決算に与える影響は軽微。

●今後の運用・営業活動について
 平成25年4月1日を事業譲渡の実行日とし、引渡し手続きを実施する。
 インフォコムは対象事業讓受とともに、対象事業に係るAJSの従業員もそのまま継承し、これまでAJSが提供してきた顧客向け保守サービスは、事業譲渡後も引き続きインフォコムから提供される。

●お問い合わせ
インフォコム㈱
広報・IR室
TEL:03-6866-3160
URL :http://www.infocom.co.jp/

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る