日本アキュレイ、つくばセントラル病院にてサイバーナイフ「 ラジオサージェリーシステム」の設置完了、治療開始

2012.09.26
つくばセントラル病院に新たに設置された
国内6 番目となる放射線治療機器
「サイバーナイフ ラジオサージェリーシステム」(第4世代)
※画像はイメージ
 日本アキュレイ(株)(本社:東京都千代田区、社長:穂積重紀)は、特定医療法人つくばセントラル病院(所在地:茨城県牛久市、理事長・院長:竹島 徹)における放射線治療機器「サイバーナイフ ラジオサージェリーシステム」の設置が完了し、治療が開始されたと発表した。第4世代システムの設置は茨城県初。
 患者主体の医学を目指して地域密着の医療・介護サービスを提供しているつくばセントラル病院に、高精度放射線治療機器が導入されたことにより、茨城県南部および近隣エリアの患者にとって、頭蓋内・頭頸部がん、肺がん、肝臓がんをはじめとする体幹部のがんに対する治療の選択肢が増える。
 竹島 徹氏は、高度な医療機器の1つであるサイバーナイフについて、「がん治療の分野においても、根治性の追求に加え、治療過程における患者のQOLが重視されるようになった。超高齢化社会の到来に向け、患者の心身・精神面での負担が少ないサイバーナイフによる治療で、高齢者をはじめ、外科手術が難しいと判断される患者にも新たな治療の選択肢を提示できると期待している」と語っている。

●お問い合わせ
日本アキュレイ(株)
TEL:03-6265-1544
URL:http://www.accuray.com/

このページの先頭へ戻る