シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス、血液ガス分析装置「ラピッドラボ 348EX」を新発売

2012.04.19
「ラピッドラボ348EX」
 シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(株)(本社:東京都品川区、代表取締役社長:コン・グリラキス)は4月19日、ガスボンベ内蔵のコンパクトな血液ガス分析装置「ラピッドラボ348EX」を発売したと発表した。「ラピッドラボ 348EX」は、血液中の血液ガス、電解質だけでなく、透析液の電解質も測定可能。本製品のメーカー希望価格は750 万円(税別)、3 年で約600 台の販売を予定している。

  「ラピッドラボ 348EX」は、1996 年の発売以来、現在まで、日本国内で4,000 台以上設置された「ラピッドラボ348」の後継機種。本製品は、従来品の特長である、ガスボンベ内蔵による小型、静音設計、透析モードでの透析液の電解質測定、血液と試薬経路の最適で無駄のないデザインによる簡易メンテナンスはそのままに、さらに毎日のオペレーションやワークフローを効率化するカラータッチスクリーンやバーコードリーダーなどを標準装備している。「ラピッドラボ 348EX」は、臨床診断に求められる信頼性の高い分析結果を、簡単な操作で必要なときにすぐに報告が可能な、中小規模検査室向けの血液ガス分析装置だ。
  「ラピッドラボ348EX」の主な特長は以下のとおり。

◆省スペース化
 ガスボンベ内蔵によるコンパクトボディ、場所を選ばず設置可能
◆ワークフローの効率化
 カラータッチスクリーン採用
 バーコードスキャナー標準装備
 USBポート搭載
 較正ガスは取付・交換が簡単なガスカートリッジを採用
◆検査効率の向上
 最適で無駄のない血液と試薬の経路による簡単なメンテナンス
 患者様にやさしいわずか50μ Lの最小検体量
 オプションのデータマネジメントシステム「ラピッドコムデータマネジメントシステム」*に対応し、院内の複数の血液ガス分析装置を遠隔から一元管理可能
◆信頼の透析モード
 透析液の電解質を約60秒で報告
 無酢酸透析液にも対応
 タッチパネルから簡単に透析モードへの切り替え可能

●お問い合わせ
シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(株)
マーケティング部 マーケティングコミュニケーション
TEL: 03-5423-6943
URL:www.siemens.co.jp/diagnostics

このページの先頭へ戻る