☆Rad Fan オンライン☆ Vol.98

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏ ☆Rad Fan オンライン☆ Vol.98
┏        2014年1月31日配信
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

このメルマガは、弊社刊行物をご購入いただいたことのある方、
メルマガ登録いただいた方、関連製品のメーカご担当者様へお送りしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Satellite View
TOSHIBA×Rad Fan Special Session
低被ばく、低侵襲な検査が求められてきている今、
医療現場のニーズを的確に捉える東芝メディカルシステムズ。
その製品の魅力はどこにあるのか、医療現場からの声をお届けします。

東芝メディカルシステムズのニュースリリースやセミナー報告については下記
URLまで
http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/toshiba/

■ ニ ュ ー ス ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

●RadFan ONLINE

・日本メドトロニック「神経の痛みの実際と診療最前線
 ~全身MRI検査が可能な神経刺激システムの登場が痛み診療にもたらす変
化~」を開催

http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/newsflash/33686/

・第5回ADCT研究会が開催

http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/newsflash/33614/

・日本GE、「日本GE技術公募2014」を実施

http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/product/33641/

・東芝メディカルシステムズ、主要人事異動

http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/product/33607/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●Rad Fan2月号、1月31日発売!

特集1ではRSNA2013 徹底!Report
RSNA 2013 Trend Chaser

<ご執筆者一覧>

・RSNA2013レポート
 大田英揮(東北大学病院)

・Neuroradiologyおよび
 Interventional Neuroradiology分野におけるRSNA2013リポート
 高尾洋之(東京慈恵会医科大学)

・RSNA2013 Trend Chacer
 中田典生(東京慈恵会医科大学)

・RSNAからみたDual Energy CT最新事情
 檜垣 徹(広島大学)

・初めてのRSNAで得たインプレッション
 石田和史(石心会川崎幸病院)

・今年も魅力満載であったRSNA
 小林隆幸(北里大学北里研究所病院)

・RSNA2013レポート
 ─いままでとこれからに思いをはせて─
 鈴木雅裕(国立がん研究センター中央病院)

・Morphology and Invasiveness
 ~How CT colonography can Help to Identify
  which Lesions Need Treatment Soonest
 早期大腸癌の病変形態と浸潤度
 椎野(小田)麻生(国立がん研究センター中央病院)

・Current and Novel Imaging Technologies in
 Coronary Computed Tomography: What the Radiologist Needs to Know
 冠動脈CTの現在と最新の技術:放射線科医の知っておくべきこと
 町田治彦(東京女子医科大学東医療センター)ほか

・CT Gastrography with Dual Source Dural Energy CT:
 Typical Imaging Findings and Image Intepretation of T Stage
 Diagnosis of Gastric Cancer with Three-dimensional Imaging
 and Two-dimensional Iodine Map
 二管球デュアルエナジーCTを用いたCT gastrography:
 ヨードマップを用いた二次元・三次元深達度診断の典型的所見と読影について
 白神伸之(東邦大学医療センター大森病院)

・Diagnostic Strategy for Cystic Masses in the Female Pelvis:
 A Comprehensive Review and Diagnostic Impact of Advanced MR Techniques
 女性骨盤部嚢胞性病変の診断ストラテジー
 Many Faces of Ovarian Teratomas: Usual, Unusual Imaging Manifestations,
 Pitfalls, and Problem-solving MR Techniques
 卵巣奇形腫の画像診断とピットフォール
 竹内麻由美(徳島大学)

・IgG4-related disease( IgG4-RD) with whole body FDG-PET/CT:
 image characteristics and how to differentiate from other diseases.
 IgG4関連疾患のFDG-PET/CT所見と鑑別診断
 藪崎哲史(北海道大学)

特集2ではインプラント患者の画像診断
~主にMRI conditional pacemakerをめぐって~
企画:似鳥俊明(杏林大学)

<ご執筆者一覧>

・序 文
 似鳥俊明(杏林大学)

・インプラント装着患者の画像診断の現状と課題
 土橋俊男(日本医科大学付属病院)
http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/?p=33709

・条件付きMRI対応ペースメーカを知るために
 ─不整脈、心臓デバイス治療(ペースメーカ・ICD・CRT)、
 条件付きMRI対応ペースメーカの基本知識─
 石村理英子(虎の門病院)
http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/?p=33705

・MRIとペースメーカ
 濱田健司(杏林大学)
http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/?p=33712

・MRI対応心臓植え込みデバイス術後のMRI検査
 佐藤俊明(杏林大学)ほか
http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/?p=33702

・MRI conditional pacemakerと不整脈治療器
 セント・ジュード・メディカル

・BIOTRONIK社 条件付きMRI対応植込み型デバイス
 ~ペースメーカ/ICD/CRT-D/CRT-P~
 佐藤英生(バイオトロニックジャパン)

・条件付きMRI対応ペーシングシステムSureScan Pacing System
 日本メドトロニック

特集3ではキラリ★放射線科ナース
~看護の力で患者さんを笑顔に。そしてチーム力アップ!~
企画:浅井望美(国立がん研究センター中央病院)

<ご執筆者一覧>

・序 文
 浅井望美(国立がん研究センター中央病院)

・IVR看護研究会の歩みと今後の役割
 浅井望美(国立がん研究センター中央病院)
http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/?p=33714

・がん放射線療法看護の実際
 下谷久美(国立がん研究センター中央病院)

・放射線画像診断部門における看護師の役割と実際
 中谷春美(東京大学医学部附属病院)
http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/?p=33716

・やっぱりIVRがすきっ! チーム医療の中で
 インターベンションエキスパートナース(INE)の役割を発揮するために
 野口純子(全国土木建築国民健康保険組合 総合病院 厚生中央病院)
http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/?p=33718

■ 編 集 後 記 ━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………
本日のメルマガを担当させて頂きますオオシマカナコです

先日興味深い記事を拝読いたしまして
お医者様でありながらプロレスラーをされてる方がいるそうです
試合中の死亡事故をなくすためにもAEDの普及すべく戦ってらっしゃるのだそうで
リングの上でも立派なお医者様はいるのですね。私も頑張ろうと思います

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

【Rad Fan オンライン】
発行日:毎月2回 隔週月曜日発行予定
発行開始日:2011年4月7日

本メールマガジンの解除・メールアドレスの変更等はこちらから

http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/mailmag/

―――――――――――――――――――――――-

【発行元】
株式会社メディカルアイ
〒171-0022東京都豊島区南池袋3-18-43内山ビル3F
電話:03-5956-5737 FAX:03-5951-8682
URL: http://greenwalrus5.sakura.ne.jp/wp/
………………………………………………………………………………………………
Copyright; 2011 Medical Eye Corporation. All Rights Reserved.
本メールの一部または全部の無断転載・再配信はこれを禁止します。
著作権は、(株)メディカルアイ、またその情報提供者に帰属します。
………………………………………………………………………………………………

このページの先頭へ戻る