VL(アンギオ)

ITEM2022 Report:
2022.04.21

キヤノンのX線アンギオグラフィシステム「Alphenix」シリーズも更なる進化を続けている。今回は、画素サイズ76μmの高精細検出器“Hi-Def Detector”を搭載した12×16インチFPDを組み合わせたバイプレーンシステムが来場者の目を引いていた。
また、今年2月から販売開始した新型の3Dアンギオワークステーション“Alphenix Workstation Pro”は、新たにGPUを搭載したことによって、従来モデルに比べて、3D画像の画質や処理速度が向上し、スムーズな操作性を実現している。
更には、今年リリースした統合モニター“Alphenix Unispot”は、操作室に並ぶ複数の映像機器の映像信号を1つのモニターに集約し、複数画面の表示や操作ができるようになる。医療従事者の方々のワークフローの改善のみならず、操作室の省スペース化にも寄与することができる。

Alphenix バイプレーン

Alphenix Unispot