コニカミノルタジャパン

取材製品情報

X線

AeroDR TX ⅿ01

世界初となるパルスX線の連続照射による動画撮影に対応した、回診用X線撮影装置。カセッテ型デジタルX線撮影装置AeroDRシリーズの最新作「AeroDR fine motion」と組み合わせることで、これまでように患者が撮影室に移動するのではなく、名前の通り、撮影装置が患者のそばに移動し、ICUなどベッドサイドでの撮影が可能になった。従来の静止画に加え、動画によって肺や横隔膜、関節などの構造物の動きを可視化することができるので、迅速な診療、治療に結び付けることができる。

また、X線動画解析ワークステーションKINOSISは、コニカミノルタ独自の画像処理技術を搭載。パルスX線を連続照射にコマ撮りした画像を連続表示することで、横隔膜など、構造物の動きを数値化するほか、肺胞や肺血管などの挙動に信号値変化を捉えて表示。例えば、呼吸や血管の脈動に伴う肺野内濃度変化などを定量化するので、静止画から得ることができなかった情報の収集にも期待できる。

回診用X線撮影装置AeroDR TX ⅿ01

画像解析ステーションKINOSISと組み合わせることで新たな診断価値を提供できる。

X線

AeroDR swift

カセッテ型デジタルX線撮影装置「AeroDR」シリーズの新製品。従来の同シリーズの重量が約2.9kgだったのに対し、本製品はバッテリーが内臓されているにもかかわらず1.9kgと軽量化を実現。また、カセッテ裏面全周のくぼみを4mmに改良したことで、取り回し感も向上した。X線撮影はもちろんのこと、撮影準備の効率化で医療従事者の負担軽減にも期待が持てる。

また、照射したX線が効果的に画像形成に役立つかを表す指標Detective Quanta Efficiency(検出量子効率)でシリーズ最高の59%を達成。センサーパネルの画素サイズ(100μm)と組み合わさることでX線量も約25%低減されるため、患者の被ばく量低減にも寄与できる。

画像診断ITソリューションズ

CXR Finding-i

専門家医のスキルをディープラーニングで事前学習したAIが胸部X線画像を解析する、胸部に特化した画像診断支援AIソフトウエア。医師による読影に際し、結節影や浸潤影、腫瘤影など、肺癌や肺炎、結核などに繋がる所見を検出するソフトウエア。読影時にAI解析結果を確認することで、見落とし防止が図れるだけでなく、撮影後、医師の読影結果とAI解析結果を突き合わせることで、確信度の向上にもつながる。

AIによる検出感度は、結節・腫瘤影で約83%、浸潤影で約80%。また、読影時、AI画像診断を用いた場合、経験が5年以下の医師の平均感度は約67%から約79%に。6年以上の経験を有する医師でも、約81%から約85%に向上するとの実験結果がでているので、若手技師の研修などでの活用も期待できる。

ブースインフォメーション

コニカミノルタジャパン ブースNo.D1-16

 

ブース情報
コニカミノルタは『MOVE! そこには新しい価値がある』をブースコンセプトとして出展致します。
“MOVE!”には『新たな価値が動き出す』、といった意味も重ねて、これからの革新的な価値創出のご提案を準備しておりますので、是非コニカミノルタブースにご来場いただき、変革の先の未来に向けたご提案をご体感ください。

 

【今回の見所】
コニカミノルタブースでは製品単体の展示にとどまらず各製品の連携によって見せる、複合的価値を体感していただける設計となっています。

 

回診用X 線撮影装置AeroDR TX m01

動画撮影の技術が動き出します。
ポータブル撮影の可能性を広げる新製品、回診用X線撮影装置「AeroDR TX m01」は、パルスX 線の連続照射による動画撮影に対応しており、患者様を移動させることなくICUなどベッドサイドでの撮影において、従来の静止画に加え、肺や横隔膜などの構造物の動きを可視化します。
さらにX線動画解析ワークステーション「KINOSIS」と組み合わせ、より多くの情報と新たな診断価値を提供することができます。

 

胸部X 線画像診断支援AI ソフトウェアCXR finding-i

「CXR finding-i」は、専門医のスキルを学習したAIが胸部X線画像を解析し、結節影・腫瘤影や浸潤影等の所見を検出するソフトウェアです。読影時にAI解析結果を確認することで、見落とし防止や確信度の向上といった効果が期待されます。また「FINO.Report」を使うことで、医師の読影レポート結果に対し、AI解析結果を使って、所見の有無の差異をチェックすることが可能となりました。AIの解析技術と新たな活用方法をご体感ください。

 

デジタルラジオグラフィーAeroDR swift × 画像診断ワークステーション CS-7

バッテリー込み重量1.9kgを実現した新製品「AeroDR swift」を紹介します。大幅な軽量化に加えて全周に深さ4mmのくぼみを配置し、迅速な動作と負担軽減を目指しました。「CS-7」ではAI技術を活用したポジショニング判定支援機能と「RADInsight」の連携による業務改善、「WorkManage」「XManage」など他システムとのシームレスな連携を紹介します。一般撮影業務の複合的なサポートを提案します。

 

被ばく線量管理FINO.XManage × 一般撮影業務管理システムRADinsight

「FINO.XManage」は各種モダリティやPACSから取得した線量情報と、画像の一元管理を可能にしたシステムです。画質を担保した医療被ばくの最適化に加え、e-learning機能やカンファレンス機能により業務効率化に貢献します。
『RADInsight』は一般撮影の多様なデータを集約し、可視化・分析を行うシステムです。再撮影管理、業務分析、教育支援機能を有し、医療安全への取り組みをサポートします。

 

ヘルスケアIT FINO.VITA

FINO.VITAシリーズは、医療現場で様々に活用される情報を最適な形で提供します。この度、更なる進化を目指すPACS「FINO.VITA.GX」が誕生。検査データの統合管理やマトリックス表示等、充実した機能に加え、画像表示ビューワー「FINO.View.Pro」と統合レポート「FINO.Report」の組み合わせで読影業務の効率化に貢献します。「FINO.Report」は新たにマンモレポート機能も追加しました。FINO.VITAの進化を是非ご覧ください。

 

主な展示製品
・動態回診車AeroDR TX m01
・X線動画解析ワークステーションKINOSIS
・デジタルラジオグラフィーAeroDR fine motion
・デジタルラジオグラフィーAeroDR swift
・画像診断ソリューションFINO.View.Pro
・統合画像診断レポートシステムFINO.REPORT
・部門業務統合管理システムFINO.WorkManage
・医療情報統合システムFINO.Integra
・被ばく線量管理FINO.XManage
・一般撮影業務管理システムRADInsight
・画像解析ワークステーションCS-7
・胸部X線画像診断支援AIソフトウェアCXR finding-i
・ヘルスケアIT FINO.VITAシリーズ

ITEM in JRC 2022ブース No.D1-16

 

コニカミノルタジャパン株式会社
〒105-0023 東京都港区芝浦1-1-1 浜松町ビルディング
TEL:03-6324-1080 WEB:https://www.konicaminolta.jp/healthcare/index.html