PSP

取材製品情報

レポートシステム

EV Report

画像診断レポートの見落としを防ぐため、同社が早い段階から取り組んできたレポートシステムEV Reportには、所見作成医、主治医、医療安全管理者に向けた必要な機能が標準で実装されている。重要所見は強調して表示され、主治医の閲覧状況を所見作成医も確認できるほか、主治医への画像診断レポートの参照状況も確認登録ボタンで管理できる。さらに未読の画像診断レポートや重要所見には注意喚起の通知を促す機能を装備。施設ごとの要望にも柔軟に対応でき、院内全体での画像診断レポート見落とし対策に効果を発揮している。

 

 

見落としを防ぐ様々なレポートシステムを構築

その他

EV Confirm

診療放射線技師から医師へ、そして院内へと画像の質と安全性を維持したままフィルムレス環境における診療の効率化をサポートする検像システムEV Confirm。マウスひとつで画像調整やスタンプ添付が簡単に操作でき、ページングや階調調整もビューアーライクに行える。条件に応じたシリーズの並び替えや分割・結合、イメージの並び替えなどの検像処理も自動で実行できるほか、院内配信・ボリュームレンダリング用など、複数の転送先への設定が可能。また、患者の情報を画像の付帯情報と照合し、EV Insite netと連動させて整合性を保ちながら過去画像との検像もできる。

 

 

 システム連動で利便性がさらにアップ

線量管理

ARIStation iSED

医療被ばく線量管理システムARIStation iSEDは、装置からの放射線量情報を撮影装置やPACSメーカーを問わず自動的に収集・記録できるソフトウェア。蓄積されたデータは患者単位、検査部位、プロトコル単位など、様々な条件での統計出力が可能となっている。現在は、CT、血管造影装置、核医学装置に対応しているほか、その他装置に関しても順次対応していく予定。すでに対応しているDRLs2020は、施設内のプロトコルとの関連付けを行えばDRLとの線量比較も容易にできる。院内の線量最適化をサポートし、日常における線量管理業務の負担を軽減する。

 

被ばく線量情報および撮影条件を自動収集し電子的に記録

PACS

EV Insite net

トータルな院内の画像管理を可能にした医用画像診断支援システムEV Insite net。放射線画像だけでなく、超音波画像や内視鏡画像をPACSに保存するほか、承諾書といったPDFや病変部分をデジタルカメラで撮影したJPEG画像などもDICOM画像に変換して取り込むことができる。患者の画像情報をPACS上で一元管理できるので、スピーディーな画像表示や過去画像との比較もスムーズに対応。さらに検索システムやRIS(放射線情報管理システムとの連携によりフィルムレス環境を推進し、効率的で利便性に優れた運用を実現する。

 

 

画像持ち出し(オプション機能)や取り込み、画像の転送システムなども装備

ブースインフォメーション

Bブロック ブース No.2-09

 

● おすすめ製品 ●

PACS「EV Insite net」

PSPのPACS「EV Insite net」は院内のトータルな画像管理を可能とする。放射線機器の画像のみならず、内視鏡画像や超音波画像をPACSに保存できるほか、承諾書などのPDFや病変部分をデジカメで撮影したJPEG画像などもDICOM画像に変換し取り込むことができる。患者に付帯する画像情報をPACS上で一元管理できるため、画像の閲覧者にとっても、管理者にとっても、より効率的で便利な運用が可能となる。

 

医療被ばく線量管理システム「ARIStation iSED」

「ARIStation iSED」は、装置からの線量情報を自動で収集、蓄積するソフトウェアである。蓄積された情報はさまざまな条件で統計出力が可能。現在、CT、血管造影装置、核医学装置に対応しており、その他装置に関しても順次対応予定だ。DRLs2020にすでに対応しており、施設内のプロトコルとの紐づけを行えば、容易にDRLとの線量比較をすることができる。院内の線量最適化を強力にサポートする。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る