フォトロン M&E ソリューションズ

https://www.photronmandesolutions.co.jp/medical/

取材製品情報

映像配信システム

Kada-Report

配信レイアウトや印刷のほか、多彩なレポートフォーマットを標準で装備した、循環器領域向けレポーティングシステムKada-Report。お客様からの要望が多かった「被ばく線量管理」や、バーコードを活用して物品の最新情報を迅速に登録できる「物品デバイス自動登録」といった、多彩なアプリケーションを装備している。血管造影検査あるいは治療用のカテフォーム、生理検査用のエコーフォームを幅広く用意。レポート画面から検査動画像を瞬時に再生し、電子カルテシステムとの連携も簡単に行える。

 

動画ネットワークとシームレスに連携可能な循環器領域向けレポーティングシステム

配信システム

Kada-Rec2

X線診断装置の透視像を取り込み、画像ファイルとして保存する透視像録画/配信システムのKada-Rec2。最大解像度1920×1080pixelの映像信号を同時に4系統取り込むことができ、系統ごとに独立して収録映像のファイルを作成。収録映像はMPEG4形式で保存し、WindowsMacなど多様な環境で映像の閲覧、編集作業がスムーズに行える。また、サムネイルを選択することで、そのサムネイル連動した動画を最大4画面まで同時に再生。さらに必要なファイルを一括で出力するファイル出力機能を備えている。

 

 

同時に4系統の映像信号を取り込み、画像ファイルとして保存できる透視像録画・配信システム

映像配信システム

Kada-OR

DICOM画像やDICOM画像以外のIPカメラや映像信号の収録・配信を行う手術映像収録配信システムKada-OR。DICOMに準拠し、患者情報の取得やPACSと連携するほか、手術の進捗状況や術場監視、研修目的など多様な用途に利用でき、検査中のライブ配信にも対応している。1台4役の高機能DICOM動画サーバKada-Serveをはじめとした「Kada」シリーズと連動させることで、院内で発生する動画像を一元管理。IP映像の伝送により導入費用を削減し、システムの拡張にも柔軟にこたえる。

 

病院内で発生するモダリティ映像ほか、術場映像、カメラ映像を収録し、ライブ配信・保存まで対応

 

その他

透視像録画/配信システム 『Kada-Rec』

『Kada-Rec』はX線診断装置の透視像を取り込み、画像ファイルとして保存する透視像録画/配信システムである。最大解像度1920x1080pixelの映像信号を最大4系統同時に取り込み、MPEG4 (H.264)形式の汎用的なフォーマットの動画ファイルとして保存できる。WindowsやMacなどさまざまな環境で映像閲覧・編集作業が容易に行える。『Kada-OR』 とも連携し検査オーダー、収録操作をコントロールし管理できる。

その他

循環器領域向けレポーティングシステム 『Kada-Report』

『Kada-Report』は、循環器領域向けレポーティングシステムである。最新の機能追加でお客様からご要望の多かった 「被ばく線量管理」やバーコード等を活用し物品の最新情報を迅速に登録できる「物品デバイス自動登録」を搭載。また血 管造影検査用あるいは治療用のカテフォーム、生理検査用のエコーフォームを多彩に用意。院内オーダーと連携するカレ ンダー機能やNCDへの登録機能も充実している。

ブースインフォメーション

Dブロック ブース No. 4-04

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る