Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2019.php on line 117

COREVISION 3D

ITEM2019 Report :
2019.04.14

 FUJIFILMならではのパネル技術と、画像処理技術を結集させ、さらなる高画質・低線量を追求した装置である。
 3Dは手術中に患者の内部の骨、臓器、血管などの状況を正確かつ素早く3D画像を撮影できるX線透視診断装置である。特長としては、回転スキャンとリニアスキャンと4軸電動駆動を組み合わせることで180°に相当する高画質な投影画像データが取得でき、また長時間の撮影も可能であるため医療従事者にとって心強い品質になっている。
 また安全性も秀でており、患者に近づくとセンサーが感知し速度が減少、衝突直前には完全に停止する衝突センサーも備えている。
 人の生死に直接携わる医師をいかにしてサポートするべきかという開発スタッフや関係者の想いが滲みでている製品ではないだろうか。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る