Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2019.php on line 117

理想の読影室環境を実現するソリューション

ITEM2019 Report :
2019.04.13

 EIZOの今年のブースコンセプト、「Making Each Life Visual」は、「あらゆる情報を、より正確に、鮮明に、スピーディに。そして多種多様な情報を、もっと集約的に、効率的に、そして安全に」がテーマである。モニタ製造のみにとどまらず、いろいろな企業を買収したことによる効果が膨大で、医療現場での表示、撮影のみならず、画像配信などにも注力しており、まさに今後注目すべき企業の1つといえるだろう。
 画像は向かって左から、電子カルテ画像表示モニターRadiForce MX216。中央、マルチモダリティモニタRadiForce RX660。右、スタンダードモニタFlexScan EV2750だ。
 そして読影室向け昇降デスクInterpret IMAGIAや音声認識端末Ami Voice、ワイヤレスキーボード、人間工学的に考えられたマウスまでがセットアップされ、理想の読影環境といえるだろう。
本ソリューションは、EIZOが提供するのはモニタだけではなく、真から放射線科医師のためのソリューションを体現している。 

左下部にはワークステーションも置ける。
音声認識端末Ami Voice、人間工学的に考えられたマウス
昇降スイッチで簡単に上下動できる。
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る