Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2019.php on line 117

医療被ばく線量管理システム AMDS(アミダス)シリーズ

ITEM2019 Report :
2019.04.13

 “被ばく線量の最適化”が至上命題の医療現場。医療従事者の皆さんの負担を抑え、なおかつ被ばく線量の管理に関して強力なサポートをアピールするのが東洋メディックのAMDSシリーズ(白虎、朱雀、青龍)だ。CTなどの検査に伴う患者の被ばく線量記録に関して、医療機関による管理・記録の義務づけが決まった。2020年4月からスタートするが、それに備え、医療機関は対策を講じる準備に入った。そこで、同社のAMDSシリーズに注目が集まっている。万全な保守サービスをはじめ、検査プロトコル名統一機能やバックグラウンド自動処理など、現場を助けるシステムである。

患者さんの被ばく線量を管理・記録するAMDSシリーズ
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る