PSP

https://www.psp.co.jp/info_item2019.html

取材製品情報

線量管理

AKROS iSED

 PSPは医療被ばく線量管理システムAKROS iSEDをバージョンアップ中だ。医療被ばくの線量管理は2020年4月より義務化の見込みで、2018年の診療報酬改定でも新設の「画像診断管理加算3」に施設基準の線量管理、線量記録が明記されている。AKROS iSEDは各種モダリティとリンクして線量記録の収集・統計を行い、シームレスな情報の送信と蓄積が可能だ。現在バージョンアップが進行中ということで、現状の変化に合わせより最適な形での提供を目指している。
 医療被ばくの最適化に向けた動きへの、PSPの貢献が期待される。

画面はバージョンアップ中のもの。
30周年を迎えたPSPのブース。

ブースインフォメーション

PSP ブースインフォメーション
ブースNo.32


画像診断ソリューション
 30周年を迎えたPSPは、これまで積み重ねてきた成果と共に最新の製品群を展示する。
 使い勝手や操作性の良さにご好評をいただいているDICOMビューアーには、画像参照の利便性向上につながる新機能を搭載している。4月13日(土)には本製品に関するランチョンセミナーを共催する。
 安全で効率的な撮影をサポートするシステムにおいては、RIS・タブレット連携の他、線量管理や医療機器管理の機
能も注目いただきたい。
 このほかにレポート未読管理・地域連携・VNA・AIに関する取り組みなども紹介する。

ITEM in JRC 2019ブース No.32 パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る