ケンコー・トキナー

http://kenko-fmi.jp/

取材製品情報

X線

CERTAS MX-700

 回診用X線撮影装置。同機は180度回転と前後動のスライドを可能にした新開発のスプリング式アームで、快適なポジショニングを実現した、2018年秋発売の製品だ。

 特長としては従来品から約40kgもの軽量化を実現し、操作性と旋回性を向上させた点だ。これにより、ベットサイドでのスマートな位置決めが可能になった。

 さらに手動なのでスムーズな走行性も特筆すべき点で、診療放射線技師の負担も大幅に軽減することに寄与している。

 同社のきめ細かい設計の1つとして、スライドレール機能を新設したところもあげられる。前後両方からのFPDのパネルを出し入れを可能にしていて、忙しい診療放射線技師には好評である。

CERTAS MX-700は操作性も非常に軽快だ。
スライドレール機能が大きな特長だ。
臨床現場では前後から出し入れできるので、重宝がられている。

ブースインフォメーション

ケンコー・トキナー ブースインフォメーション
ブースNo.9


回診用エックス線撮影装置
Certas MX-700

 撮影時のポジショニングの向上を追求した前後動アームを新搭載。CertasMX-700だからできるスマートな回診撮影を提案する。新採用EDLC(キャパシタ)の搭載により、内蔵バッテリーからでもAC電源からでも同じ出力での使用が可能。新たにスライド式カセッテ収納(オプション)も新開発。収納したカセッテを本体の前後どちらからでも出し入れが可能であり、撮影時のワークフローが改善する。ITEM2019では、『SoCompact So Good!!』をキャッチコピーに、ポータブルエックス線撮影装置も展示し、手に取って頂ける体験型ブースを展開。

ITEM in JRC 2019ブース No.9 パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る