EIZO

https://www.eizo.co.jp/i/item/

取材製品情報

その他

ハイブリッド手術室映像ソリューション

 EIZOは、手術室向けの映像ソリューション事業を本格的に展開している。以前よりEIZOは手術室向けに、高解像度モニター、ハードウェアの提案を行ってきた。しかし近年の手術室内システムの複雑化を受け、手術室環境への要望は多様を極めている。この要望を受けEIZOは、これまで得意としてきたハードウェア領域だけでなく、新たにソフトウェアやネットワークも含めた総合的ソリューションの開発に至った。具体的には、ソリューションの総合名称をCuratORと題し、製品ラインナップを展開。手術用モニター、IVR用モニター、手術映像記録・配信用システム、周辺デバイス、カメラシステム、関連ソフトウェアの領域を包括している。ITEM2019では以下の製品が展示された。

CHZ-1360-PTR

パン/チルト/ロールが可能な3軸雲台と20倍ズームを内蔵のカメラヘッドを一体型にしたフルHD(1920×1080)対応カメラシステム。術野カメラとしての使用を想定。

LS580W

 IVR用モニター。対角58インチ画面に高解像度8メガピクセルの情報表示を実現する。手術室内での使用を想定した大型モニター。

上は手術室向け画像統合表示システム、CuratOR Control Software。
下は、手術映像記録配信システム、MEDIASYNERGY NEX。carina社(現EIZOグループ)が開発、手術室内のあらゆる映像を一元管理しリアルタイムでライブ配信できる。病院導入実績No.1を誇る。

モニタ

理想の読影室環境を実現するソリューション

 EIZOの今年のブースコンセプト、「Making Each Life Visual」は、「あらゆる情報を、より正確に、鮮明に、スピーディに。そして多種多様な情報を、もっと集約的に、効率的に、そして安全に」がテーマである。モニタ製造のみにとどまらず、いろいろな企業を買収したことによる効果が膨大で、医療現場での表示、撮影のみならず、画像配信などにも注力しており、まさに今後注目すべき企業の1つといえるだろう。
 画像は向かって左から、電子カルテ画像表示モニターRadiForce MX216。中央、マルチモダリティモニタRadiForce RX660。右、スタンダードモニタFlexScan EV2750だ。
 そして読影室向け昇降デスクInterpret IMAGIAや音声認識端末Ami Voice、ワイヤレスキーボード、人間工学的に考えられたマウスまでがセットアップされ、理想の読影環境といえるだろう。
本ソリューションは、EIZOが提供するのはモニタだけではなく、真から放射線科医師のためのソリューションを体現している。 

左下部にはワークステーションも置ける。
音声認識端末Ami Voice、人間工学的に考えられたマウス
昇降スイッチで簡単に上下動できる。

モニタ

12メガピクセルマルチモダリティモニター

 撮影する医用画像の種類と量の増加に伴い、医師が画像をより効率的、かつ快適に読影できる環境が求められている。この需要に応えるためEIZOは初の超高解像度12メガピクセル(横4200×縦2800ピクセル)の医用マルチモダリティモニターを開発中だ。
 多種多量の画像データを、30.9インチに一括して表示できるので、読影効率のさらなる向上が期待できる。またコンパクトさも特長で、卓上設置時の圧迫感を低減している。

 解像度以外の特長としては、アダプタを内蔵したスリムなボディがあげられる。
暗所での作業による疲れ目を軽減するモニタ背部の照明。
 ワークスペースの快適さも考慮した本製品に注目である

ブースインフォメーション

EIZO ブースインフォメーション
ブースNo.19



●ブース情報
『Making Each Life Visual』をテーマに、「診断・検査」「医療IT」「治療・手術」分野の各種新ソリューションや新製品をデモンストレーションする。


bayer_1


読影室ソリューション 「読影医にやさしい作業環境をつくる」
 医用画像をより効率的に読影できるEIZO独自機能搭載のモニターや、身体的負担を軽減できるデスクとチェア、入力操作時間を低減できるキーボードとマウス、音声認識ソフトなど、読影医に最適な作業環境をまるごと提案する。すべて実機で体験できる絶好の機会となる。


bayer_1

読影室ソリューション


統合基盤ソリューション 「必要なデータにいつでも、どこからでも安全アクセス」
 医療ITシステムの運用負荷軽減、ワークスタイルの変革、地域医療ネットワーク、セキュリティ強化に向けて最適な仮想統合基盤と仮想デスクトップ環境(VDI)を提案する。

bayer_1

統合基盤ソリューション


IVR操作室/検査室映像ソリューション 「撮影、記録・配信、表示をかんたん操作」
 血管造影だけでなく、CT、超音波、患者情報、バイタルなど、さまざまな形式の情報、映像を集約、記録しながら、治療手順に応じて必要な情報のみを、かんたん操作で目の前のモニター上に表示することを可能にする映像環境をデモンストレーションする。

bayer_1

IVR操作室/検査室映像ソリューション


ITEM in JRC 2019ブース No.19 パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る