富士通

http://www.fujitsu.com/jp/

取材製品情報

放射線治療

HOPE Life Mark-治療RIS

 富士通独自の電子カルテ連携機能を備えており、さらにカルテのワンクリック起動が可能だ。また医師、診療放射線技師のTo Do管理による作業漏れの防止など、業務改善、医療サービスの向上を導く。
 照射時には、患者認証を行い、異なる患者の場合はアラート表示するので医療ミスの低減を図っている。さらに治療情報を集約したわかりやすい治療歴画面も特長で従来、紙などで管理され、分散しがちな情報を一元管理した。
 WEB配信も可能で、現在、最もすぐれた治療RISといえるだろう。
 RTビューワはオプションとなるが、DICOM-RTデータ管理や線量分布表示を可能にしていて、臨床現場では大きなメリットがある。

画像ITソリューション

HOPE Life Mark-VNA

 院内に点在する診療情報や画像を一つのストレージで管理、電子カルテ画面で統合参照できる、「HOPE Life Mark-VNA」。管理画面において同意書ごとに、あるいは前回の症例を並べるなど自由にレイアウトができるのが特長的だ。例えば、前回の症例を比較するためにレイアウトすれば、どのような検査が行われたかがすぐに把握できる。これらを統合して管理できるのが当製品の強みである。

同意書が表示された管理画面

前回比較で症例画像がレイアウトされた管理画面。動画も表示可能。

ブースインフォメーション

富士通 ブースインフォメーション
ブースNo.D5


●ブース情報
 ヘルスケアICT基盤の実現を目指して、小規模施設から大規模病院まで、トータルにソリューションを提供する当社ならではの展示をする。特に、RIS、PACS、治療RISに加え、院内に混在する部門ごとに孤立化したデータを統合参照できる仕組みとしてHOPE LifeMark-VNAを、また教育機関や医療機関向けに教育用ソフトとして、心臓シミュレーターのデータを仮想現実(VR)技術で立体的に表示する新製品ほかをご紹介する。
 見どころとしては、診療情報との統合をキーに放射線部門をはじめとした生体検査部門の業務改善、医療サービスの向上を導くソリューション群として、RIS、PACS、治療RIS、統合ストレージ・ビューア(VNA)。そして、中堅病院様向けには、圧倒的な低価格を実現したHOPE EGMAINLX生体・画像オプションを展示する。

FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-VNA

 院内に点在する画像や波形、動画、汎用画像を、統合的なデータ管理を行う“統合ストレージ”と、ストレージされた情報をWebで参照可能とする“ユニバーサルビューア”を、「統合データ管理ソリューション(LifeMark-VNA)」として提供。ユニバーサルビューアは電子カルテEGMAIN-GXのマルチカルテビューアに組込み可能で、診療情報と併せてさまざまな情報を即座に把握、そのままカルテ記載も可能。

診療画像ソリューションHOPE LifeMark-治療RIS

 放射線治療は様々な種類の放射線を用いて、がんを効果的に治療する方法で、専門の医療職種からなるスタッフがチームとなって行う。RIS(治療)はチーム医療を推進する機能を
強化し、職種毎に異なる放射線治療情報を集約管理し、スタッフ間での利活用が可能となった。これらの情報は部門内に留まらず、常に注意が必要な患者様の状態を共有でき、診療サイドへ治療情報の提供が行える。

診療画像ソリューションHOPE LifeMark-PACS

 近年、爆発的に増加しているモダリティからの画像データをスムーズに保管・参照できる性能を有し、さらに、画像の形状認識技術によるCTやMRIなどのスライス画像の自動位置合わせ機能、関心のある領域をその場でボリュームレンダリングし確認できる“ROI VR機能”などを提供する。また、電子カルテとのシングルサインオンを実現、電子カルテ参照がワンタッチで可能。

ITEM in JRC 2019ブース No.D5 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る