バイエル薬品

https://radiology.bayer.jp/

取材製品情報


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2019.php on line 84

Salient CT Injection System

 コンパクトかつコードレスを採用したバッテリー内蔵の多機能なCTインジェクター。充電式であるため、移動や保管が容易で、場所を問わない運用を実現。またヘッド部分のモニターはタッチパネルとなる。シンプルな表示によりプロトコルの設定や確認も簡単で、注入時には圧力モニターとして利用できる。


Salient CT Injection System

その他

Stellant CT Injection System

 天吊りタイプが展示された。手間と時間を短縮する4つのオート機能(オート・ドッキング、オート・ロード、オート・プライム、オート・リトラクト)を搭載。患者様の体重、使用する造影剤の濃度などの情報を入力するだけで、注入プロトコルを最適化する機能も併せ持つ。


Stellant CT Injection System

その他

Mark7 Arterion

 特徴は、シリンジを前から容易に装着できるフロントロードシステムだ。チューブに触れることなくシリンジを取り外せ、そのまま廃棄が可能。また様々なニーズに対応する、。「ペデスタルタイプ」、「ラックマウント型」、「スタンド型」、「天吊り型」の装置仕様を有している。

天吊り型のMark7 Arterion。コードなどが床にないので、操作がしやすく臨床現場では好評である。

その他

Avanta

 Avantaは心臓・冠動脈対応インジェクターだ。マルチペーシェント用ディスポーザブルセットは、5症例連続使用が可能。また、セットアップ時のチュートリアル表示が臨床現場では好評である。

造影剤

Gadovist1.0

 環状型構造の非イオン性MRI用造影剤「ガドビスト®静注1.0M」。今回は、2018年8月23日に発売された2mL Vialが造影剤展示タワーの中央に展示されていた。
 展示ブースでは当製品のほかに、豊富なラインナップの造影剤が展示されていた。

向かって右が2mLバイアル。

線量管理

Radimertrics

 Radimertricsは線量管理システムである。
 患者ごとの累積線量表示・管理はWebブラウザ上で行える。管電圧や照射範囲に応じた線量シミュレーション機能と併せ、被ばく線量の最適化をサポートしてくれる。マルチモダリティへの対応とダッシュボード機能によって、効率的な線量管理を手広く支援する製品だ。

展示ブースの様子

ブースインフォメーション

バイエル薬品 ブースインフォメーション
ブースNo.32


 ブースでは、線量管理システム Radimetricsのほか、新規MRIインジェクタ MRXperionを参考出展しております。また、CT・血管造影用インジェクタの天吊り展示、各種造影剤の学術情報をご提供致します。

CT用インジェクタ Stellant Certegra Workstation
 MEDRAD® Stellantインジェクタは、造影剤検査情報システムCertegra Workstationを標準搭載。日々進化するICT技術を用い、造影検査終了後、造影情報がCertegra Workstationに自動保存。造影情報の記録に時間を割くことなく詳細を保存できるため、貴重な時間を
他の作業へ振り向けることが可能。 また、被検者の造影情報を管理・共有・活用することで、ワークフローの効率化、安全性の向上も期待できる。
 最大の特徴は、ワイヤレス方式のRFIDリーダーを使用しての造影剤情報の自動入力や、注入完了後の造影検査情報の自動保存。保存した造影情報を、Radimetricsに転送して、線量情報と造影情報を一検査単位で確認することも可能である。

医療放射線情報管理システム Radimetrics
 Radimetrics(ラジメトリクス)は、マルチモダリティ(CT装置、血管撮影装置、透視装置、CR/DX、マンモグラフィ装置及び核医学装置)に対応したWeb参照型の線量一元管理システムです。検査装置から出力されるRDSR、 Dose sheet(線量レポート画像)やDICOM画像等から検査情報および線量情報を自動取得し、検査毎の照射線量や被検者毎の累積線量を管理、記録、統計的に分析することができます。CTにおける線量管理機能として、モンテカルロシミュレーションの実装により、臓器吸収線量および実効線量の算出や、撮影範囲や管電圧、管電流等の照射条件を変更した場合に増減する線量をシミュレートすることで、プロトコルの最適化を支援する機能を有しており、また、画像情報から被検者の体型情報を解析し、SSDEの算出にもいち早く対応しております。Radimetricsは、医療放射線情報管理を導入するご施設の診療業務の効率化と線量の最適化をサポートいたします。

5
X線線量管理システムRadimetrics


幅広い造影剤ラインナップ
 バイエル薬品は、非イオン性尿路血管造影剤「イオパミロン注150/300/370」、環状型非イオン性MRI用造影剤「ガドビスト注1.0M」、線状型MRI用肝臓造影剤「EOB・プリモビスト注」をはじめとして、非イオン性脳槽・脊髄・関節造影剤「イソビスト注240」、非イオン性子宮卵管・関節造影剤「イソビスト注300」、点滴静注胆嚢・胆管造影剤「ビリスコピン」、水溶性消化管造影剤「ガストログラフィン」、直接膵管胆道・逆行性尿路・関節・唾液腺造影剤「ウログラフィン」など多くの造影剤を提供することで、幅広く画像診断に貢献している。
6
造影剤ラインナップ


セミナー情報
ランチョンセミナー2
日時:2019年4月12日(金)12:00~12:50
会場:パシフィコ横浜・会議センター 3F 301
座長:阿部 修先生(東京大学大学院医学系研究科 生体物理医学専攻 放射線医学講座)
演者:工藤與亮先生(北海道大学病院 放射線診断科)
演題:急性期脳梗塞・脳腫瘍における造影CT/MR灌流画像
ランチョンセミナー23
日時:2019年4月14日(日)12:00~12:50
会場:パシフィコ横浜・会議センター 3F 301
座長:金澤 右先生(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 放射線医学)
演者:井上優介先生(北里大学医学部 放射線科学画像診断学)
演題:医療放射線被ばくと線量管理: 最近の動向

ITEM in JRC 2019ブース No.32 パシフィコ横浜展示ホール
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る