Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2018.php on line 117

COREVISION 3D

ITEM2018 Report :
2018.05.01

外科用Cアーム型デジタル透視システム「COREVISION 3D」は低線量で高品質なX線動画処理エンジンを搭載している。
これは「ダイナミックコアエンジン」と呼ばれ対象部位のX線吸収量のムラで発生した画像の乱れを高速で高鮮鋭・高コントラストに処理する。
そして2D動画では見えにくかったインプラント、スクリュー、固定プレートの位置も対象部位を180°相当スキャンすることで3D画像で確認しやすくなった。
また照射されるX線エネルギーを電気信号に変換する「FPD」とX線エネルギー変換効率を高める「ISS方式」も併用することでX線量を画像の質を落とさず減らすことも可能にした。

外科用Cアーム「COREVISION 3D」
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る