Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2018.php on line 117

Ingenia Elition 3.0T

ITEM2018 Report :
2018.04.16
★新製品「Ingenia Elition 3.0T」(インジニアエリシオン3.0テスラ)は、検査時間を50%短縮させるプラットフォームを搭載したMRI★

 フィリップスは検査時間を50%短縮させるプラットフォームを搭載したMRI「Ingenia Elition 3.0T」(インジニアエリシオン3.0テスラ)を4月に発売開始した。新製品のコンセプトは、「確信が持てる画像診断、さらなる高速化の実現、検査ストレスからの開放」というもの。「2025年までに30億の人々の生活を向上させる」というビジョンを掲げる同社が自信を持って開発したことが伺える。
 さて、新製品の特長は3つ。前述の製品コンセプトにうたわれた内容だ。
 1つ目の「確信が持てる画像診断」とは、信号低下の軽減と短時間撮影の実現とともに、高空間分解能撮像時のブラーリング低減を可能とした。従来製品に比べ、60%の空間分解能の向上、70%の拡散強調画像のコントラスト分解能の向上を実現させた。
 2つ目の「さらなる高速化の実現」とは、同社が誇る20年の実績を持つSENSEとCompressed sensingを統合させた次世代の高速撮像技術Compressed SENSEにより、50%以上の高速化を遂げたとしている。解剖情報などデータサンプリングに正確性と効率性をもたらし、高次元に短時間撮影と高空間分解能の2つを備えた。
 3つ目の「検査ストレスからの開放」とは、寝台上の快適性を追求したComfortPlus、検査進行のガイダンスを実施するAutoVoice、静音及び画質の最適バランスを可能としたComforTone、さらに撮像と連動した映像システムIn-bore Solutionに基づき、患者の様々なストレスを軽減させることを実現させた。つまり、再撮像の減少につながるとしている。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る