東洋メディック

https://www.toyo-medic.co.jp/news/1166/

Share (facebook)

製品情報

その他

X線骨密度測定装置 B-Cube

B-Cubeは独自のテクノロジーで開発した全腕骨専用骨密度測定装置だ。
2種類のセンサを利用したDXA方式の採用により約15秒での高速測定を可能にした。
気軽に素早く測定を行えるほか、再現性に優れた画質により正確な診断を支援する。
Windows対応パソコンを用いてのシンプルな操作性は検査の流れを快適にするだろう。
場所を取らないコンパクトさに加え、値段もリーズナブルとなっているため、クリニックでも導入しやすい。
また装着部の形状をオープンかつ開放的にしているため、体が不自由なお年寄りや車椅子の受診者も、腕を入れるだけで無理なく測定できる。グリップを取り外すことで手首が曲がらない方も対応可能だ。
親しみやすいCuteな見た目通り、人へのやさしさに溢れた機能美をB-Cubeは兼ね備えている。

X線骨密度測定装置 B-Cube
X線骨密度測定装置 B-Cube

ブースインフォメーション

東洋メディック ブースインフォメーション
ブースNo.436


骨密度測定
 「骨密度測定を気軽に、すばやく行いたい…」、「受診者を問わず、簡単に測定できたら…」。
 こうしたニーズに応えるため、長年の経験と実績を活かし、東洋メディック独自のテクノロジーで開発をした、前腕骨専用骨密度測定装置B-Cube。
 2種類の特性の異なるセンサを利用したDXA方式の採用により、低線量ながら精度にこだわった骨密度測定を約15秒という短時間で高速測定する。

bayer_1
前腕骨専用骨密度測定装置B-Cube


東洋メディック
ITEM in JRC 2018ブース No.436 パシフィコ横浜展示ホール

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る