Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-item-jrc2017.php on line 117

Aplio iシリーズ

ITEM2017 Report(ITEM in JRC 2017 国際医用画像総合展) :
2017.04.21

 昨年新たに3機種が発表された超音波診断装置のシリーズについて説明する。iシリーズは最高級の超音波診断装置を目指す姿勢が評価され、2016年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞を受賞した。
超音波の送受信ビームの形状を、深部から浅部まで均一に細く、高密度にする「iBeam Forming」や、断層像の厚みを均一に薄くする「iBeam Slicing」を搭載した専用プローブは幅広い臨床領域をカバーし、多くの臨床分野で検査効率の向上が期待される。


アプリオ1しゅ
Aplio i 900

 Aplio i 900は循環器専用最高級プレミアムシステムということもあり、今回の展示では循環器領域への有用性が紹介された。本製品は、心臓CTと心臓超音波のリアルタイムでの同期表示が可能である。微細な血流を造影剤無しで描出できる血流イメージング技術「SMI」も、更に進化し、頸動脈にできたプラーク内の血流も見えることが確認された。血流のあるプラークは破裂の危険性が高い「不安定プラーク」とされている。従来、造影超音波以外ではプラーク内の血流を識別することができなかったが、この技術によって造影剤不要・短時間で確認可能になることが期待される。


アプリオ2しゅ
Aplio i 800

 全身対応最高級プレミアムシステムAplio i 800について説明する。新開発の24MHzの超高周波プローブは体表領域において、新次元の高精細な画質が実現できていた。CTやMRIの画像をリファレンスとして検査するFusion機能、造影検査、Shear wave Elastographyは4画面表示に対応できており、更に肋間からアプローチしやすい薄さ9mmのコンベックスプローブとブラインドの少ない新しい穿刺アタッチメントにも対応し、快適な治療環境を提供可能な機種である。

会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る